「ほっ」と。キャンペーン

思えば、叶った!

昼休み。
5校時目に使うワークシートを作ろうと、
PCに向かっていたら

「こぶた先生、〇〇小学校のF先生から電話です」

ぬわ~!ハルトモの担任やん!
37.7度の発熱。

お迎えに来てくださいって。

早退させていただくことを教頭先生に告げ、
担当クラスの先生にもお詫びをし、
ハルトモの学校に迎えに行く旨折り返し連絡。

転職して初。

朝から頭痛いって言って、
学校行く前、電話かけてきて、
「午後はお仕事しないで帰ってきて~」って
泣いていたハルトモ。

…。

ハルトモの願い、叶えられたり!

いや、私もきっと休みたいと思っていたのかも。


なんてことを考えて、駅へ。


雪だし、無理だよね~、
でも万が一ってこともあるし!
とダメもとでタクシー乗り場へ。

私がタクシー乗り場についたら、
タクシーが来ましたよ!
「寒い中お待たせしました」って運転手さん。
これっぽっちも待ってません(笑

ハルトモの願いをかなえるために、
大いなる力が全力で応援してます(^^;

無事、雪の中を歩かせることなく
タクシーで家に帰ってこられました。

タクシー降りたら、 ハルトモが
「ママ、授業あったんでしょう? 
ごめんね。 
それと迎えに来てくれて、ありがとう」


びっくり。


いつからそんなことが言えるようになったんでしょう。
驚いて、次の言葉が出てきませんでした。


ハルトモもほっとしたのか、
家で熱を測ったら36.7度。

明日は学校、行けそうです。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-11-24 19:32 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

メモ的投稿

花マル先生 ぬまっち

こういう先生になりたいのです。
校内研究会に呼んでほしい!
お会いして、お話伺いたい。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-11-20 23:40 | Trackback | Comments(0)

うまく言えない…

今日のFacebookで
茂木健一郎さんがこんなお話をアップされていました。

小学校の算数にまかり通っている「奇習」は、
子どもたちに対する「虐待」である
http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8305779.html

気になって、
いろいろ調べてみたけれど
よくわかりません(^^;
スクーリングで使った初等算数科のテキストも見てみたけど
明確な答えはありませんでした。

初等算数と数学の違いでしょうか。

子ども達の発達段階に合わせて少しずつ
ステップアップして教えていくので、
一通り学んでしまった大人からすると
不思議に感じてしまうのかもしれません。

必要性がないように思えても、
未発達の子ども達には、
大事な手立て、方法、手段になっているんじゃいかと。


少し論点がずれるかもしれませんが、
この茂木さんの話を読んで思い出したことがありました。
先日、速さのテストで
「150㎞を3時間20分で走る車の時速は何kmですか」
という問題がありました。
式)150÷3と1/3(帯分数です)=150÷10/3
               =150×3/10
               =15×3
               =45
答)(時速)45km 

となります。

これを途中の式
3/10×150=45
で回答したした児童がいました。
この式しか書いていないのです。
確かに乗法は交換法則がありますので、
掛け算の式は間違っていません。
答えもあっています。
でも、式は、不正解。
答えは、45㎞なので正解です。
時速を出すには、「道のり÷時間=速さ」を教えており
それを理解しているかどうかを見るテストなので
それを見せてもらわないと評価できないのです。


茂木さんも問題している、かけ算の順序。

1個分(単位量)×いくつ分=全体量

なので、
2×3と3×2は意味が違ってくるんです。

正直、初等算数科のスクーリングを受けるまで
どっちだって一緒でしょと思っていました。

でも、子ども達に単位量を数直線などを使って
考え、習得させるためには
この順序はこだわったほうがいいんじゃないかな?
と教えていて感じています。

でも、あくまで文章問題で、ですよ。
普段、日常の生活ではどっちだって
早く計算できればいいと思います。


先生初めて2か月なので、
また先生歴を重ねたら変わってくるのかな…。
何年後かにこの内容をみたら、私はどう思うのかしら。


先生たちも目の前の子ども達に興味を持って教えるために
頑張ってます。

頑張っているから、いいでしょう?!
とはいいません。
井の中の蛙にはならないようにしないと、
と思っています。


小学校の算数にまかり通っている「奇習」は、子どもたちに対する「虐待」である (全文)
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-11-20 22:29 | 小学校 | Trackback | Comments(5)

飛び起きた!

お腹がやばい!と飛び起きてトイレへ。

お腹急降下。

その後も不穏な動きをする我が腹。

寝られない、、、。


お腹の風邪、もらっちゃったみたい。
気持ち、吐き気もする、、、。

皆様もどうぞ、手洗いを!

してたと思うんだけどなー。
くーっ。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-11-13 04:51 | Trackback | Comments(0)

前回のiPhoneとの別れから、2週間が経とうとしています。

早!

バッテリーが減らない…。
動作が早い。

ノンストレスで快適です♪

私にしては大奮発して5000円もするケースも買って
(落下させて壊す恐れが非常にあるので、頑丈なのを買いました。
 オットには「安いガンダムみたいだ」と言われました…)
1時間近くヨドバシカメラの中をうろうろして、
あまりに怪しい動きをしてたんでしょうね。
しまいには店員さんに万引きの疑いをかけられたと思われ(笑
私のそばで、突然止まって作業しだしたりして(^^;
あはは。

でも、納得して買ったのでとっても気に入っています。

こちらのケースです。


c0010831_22100598.jpg
(サイトから写真拝借)


でも、iPhoneを見る時間は激減。
そんなの見ている暇がない!
学校では休憩時間は45分あるものの、
そんなのとってる暇はない。
なんとなくのんびりされている先生もいらっしゃいますが、
ほぼ皆さま、ノンストップでお仕事されています。

私もなんだかんだ仕事がありまして、
学校で見れるなんてことはなく。
帰ってきてからも、夕飯、風呂、寝る!
時々洗濯なんてしていると、見てたら時間がもったいない(^^;
でもって、息子が寝たら授業の準備。
そのあとは、疲労回復のための睡眠確保です。

依存か?!ってくらい、見ていたのに。
環境が変わると変れるものですね。


こんな画像も

c0010831_22033699.jpg
c0010831_22021482.png
c0010831_22020190.png
c0010831_22015043.png
c0010831_22013929.png
c0010831_22012702.png
授業で使うんですよ。

平均の勉強をする授業にね。

さっぱりわからない?!

にひひ(^皿^


チームの得点と試合数から、1試合当たりの得点を出す
とということを通して「平均」を勉強するのですヨ。

ええ、私がひらめいたのではなく
学年主任の先生がこうする、っていったものを
そのまんまいただいちゃうわけですよ♪
パクるわけですよ。
えへへ。
守破離、守破離!
まずは、マネすることから始めるのが大事!(笑
引き出しがないので、
こうやってほかの先生方からのアイディアは
聞いているだけで、わくわくします。


来週の月曜日に授業なので、週末は準備です。
でも、週末に同窓会もある~!!!!

ま、なんとかなるっしょ(笑


[PR]
# by kobutadebubu | 2016-11-10 22:18 | Trackback | Comments(0)

別れは、突然に



アップルパイの写真を撮ろうとiPhoneのカメラを起動したら

落ちました。

あらヤダ、バッテリー切れ。




でも、2時間たっても3時間たっても

バッテリーが満たされることはなく

当然、起動もせず…。




ご臨終。




マジかー!




あ~、昨日auの店頭で軽く接客されたときに

「iPhone5なんですけど、もう動作も遅くなってるので

 iPhone7に機種変予定です。」って

きっぱり言ったのを聞いていたんだな…。




なんの心づもりもなかったから

焦る焦る。

いざ、というときの連絡が取れない。




18時前にダッシュで近所のauショップへ走るも

「スタッフが減るので対応できず、今日中のお渡しは難しい。

 明日の予約を」

てなことをいうので、店はここだけじゃない!と

電車で町田のヨドバシヘ。




そしたらさ、研修生に当たっちゃって

機種変更するのに1時間半かかったよ!

(機種変だと40分ぐらいで終わるみたい、普通)

かかりすぎだから!

帰ったら21時過ぎてたよ!!!




でも、私も何度も間違えて間違えて

1時間半ぐらい家具の配送に時間を頂いたことがあるから

強くは言えなかった。

慣れてないから、もう、どきどきだよね。

日本語も変だったしさ。

漢字は読めてないしさ。




因果応報なんだな、きっと。




帰ってきてから、バックアップから復元。

幸い、一週間前にバックアップしてたのが幸いだったわ~。

Wi-Fiも設定して、

なんとか使える状態にしました。




ふー。







2014年の1月から使っていたiPhone5。

販売で自分の限界を知り、

教員免許取得のために通信大学に行き、

臨時任用で先生になるという、

激変の(ほぼ)3年を共に過ごしてくれた同志です。

ありがとう!

しばらくそっとしておくからさ、

もう一度起動してみようか(笑







皆様もどうぞ、いつ何があってもいいように

バックアップだけはマメマメしく!!!




いや、ホント、焦ったんだって。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-10-30 23:52 | いただきました・買いました | Trackback | Comments(0)
なんと。

先週から5年生の算数で
クラスを半分にしての少人数授業が始まり、
私も授業をする事になりました。


うおー!
想定していなかったから、
チョー焦ったよね。

でもね。
この学校で「学び合い」という
授業展開をされてる先生がいて、
「これだ!」
ビビビッときまして。

その先生から本を貸してもらい
自分でも買って、
計3冊、読み漁りました。

実践されてる先生の授業にも入っていたので、
5年生の算数の授業を頑張って、
私なりの精一杯の「学び合い」でしましたよ。

出張で担任の先生が不在だった
6年生の算数もふたコマやる事になり、
c0010831_00175166.jpg

教材研究。
モチロン、5年生の算数でも
同じ事やってます。


、、、教科書写して、書いてるだけ。
これでも、ノートを想定して
黒板に書けるので、大事な事ですが
まだまだ浅い。
時間配分などを書いてるタイムテーブル、と言った方が近いでしょうか。


昨日早くも壁にぶち当たりました。
私は教えたつもりでも、子ども達は理解していなかった!!!
もう、試行錯誤。
ドキドキしちゃうけど、
色々試してやれるのが醍醐味なんでしょうね。


席が隣の先生に、
「先生は何年目なんですか?」と聞くと、


「6年目です。
6年目ですけど、
毎年新しい学年持てば、
新人です」

って、仰られたのが印象に残りました。

音楽だけ、理科だけ、図工だけ、体育だけ
私のように算数だけなど
それ専門の「専科」の先生もいるけど
大抵の担任の先生方は、一度やった授業を、再びやれるのは早くて同じ学年を担当した1年後。
そうでなければ、
次はいつやるかわならない。

中学・高校は、教科なので、
2、3度するチャンスがあるから
多少修正する事はできるようですが、
小学校の授業はそうもいかないんだと
身を以て体験しました。

話は変わって、
10年目の女性の先生に
「どうですか?」と話しかけられ
「今の所は、教材研究も興味があるので
家に持ち帰ってもなんとかやれてます」

なんて立ち話。

「元々免許持っていて、
専業主婦だった方が職場復帰、
っていうのはたまにあるんですけど
免許取りに行ってっていう人は
いなかったから、
エネルギーが凄いなーって」

と仰って下さって。

担当していない学年の先生とは
あまりゆっくり話す機会がないのですが
そんな風に思って下さったんだなと
思ったら、じわーと嬉しさが込み上げてきました。


なんとか、かんとかやれてます。

これからも日々精進していく所存です。



[PR]
# by kobutadebubu | 2016-10-29 23:47 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
本屋に入って、プラプラとみていたら
欲しいものが沢山。

息子の少年野球ハウツー本も合わせて
1万を超えた(笑)
c0010831_14185735.jpg


採用試験。
難しいから「無理」と思い込んでるけど
ダメ元で受験してみてもいいかなーと思って。
開く時間を確保できるのか?!
保育園に通わせながら、
通信でレポート書いてたんだから、
やればできるんじゃないかと思ってる。
あとは「やる気」に火がつくのを待つだけ。

類くんと芭旺くんの本は、
以前から気になっていて、
ようやくゲット。

芭旺くんのは、同世代の小学生に読ませたら、どんな感想を持つのか?!という興味もある。
教室に「木暮先生recommend」なんつってコーナー設け、、、られるかな。

パズルは息子用と、
学校でなんらかの形で使えないかなーと。
今の子ども達は、機械的な計算はできるけど、文章問題が苦手。
でも文章問題のドリルって案外ないのよねー。
宮本さんのは、工夫されていて
子ども達も楽しみながら取り組めるんじゃないかな?と思って。

分数って特にわけわからなくなるから。
今、5年生の算数がまさに分数。
昨日「時間を分数で表せる」(例えば、45分は、3/4時)を授業で教えたんだけど、私の教え方が悪いのもあって、練習問題やったら、解けてなかったー😭
もう、焦る焦る。
子ども達の大事な時間を無駄なく効果的に使って、教える難しさ。

アンテナ広げてます。

漫画雑誌は、逢坂みえこさんと吉田秋生さんの名前があったから、衝動買い。

読書週間ですから、
これからじっくり読もうと思います。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-10-29 14:17 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

永い言い訳

土曜日出勤だったので、
今日は振替休日でした。

観てきました、「永い言い訳」

観終わった後は、
小説を読み切ったような感覚。

一ヶ月前に観た「君の名は。」とは
全く別物。


小説も読みたくなりました。
c0010831_16164631.jpg



私の席の離れた左側に、60代のご夫婦。
流石、人生の先輩。
笑うところが違います(^_^;)


なんかとっ散らかって、
観ていて痛いなーと
なんてシーン。

主人公と同世代の私は
胸が少し痛かったのですが、

左のほうから
「クスクス、、、」

ここで笑うのかー!!!

子供達との微笑ましいシーンなどでも
同じように笑われていて、
「昔を懐かしむというか、
かつてそうだったわねー」
って感じなんだろうか。
と思ったり。


終わった後、
奥様が旦那様に
熱心に感想を伝えてました。
奥様か楽しんでる事が伝わってきて、
私もなんだか微笑んでしまいました。



さて、次は何観るよ?

「聲の形」も観たいんだなー。

あれもこれも観たくなってしまう。
次はいつ、観に来られるかな。
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-10-17 16:15 | ドラマ・映画 | Trackback | Comments(0)

メンテナンス

学校で使っている鉛筆が折れていました。

私は、肥後守
で鉛筆を削っています。

父が小学校入学祝いに小刀を買ってくれ、
鉛筆は自分で削る。
鉛筆削りは買ってもらえませんでした。

憧れだったな~。

でも、自分で「鉛筆削りで削ったように、削る」
事を目標にしてました。

ハルトモにも、片づけたら出てきた肥後守で
鉛筆を削らせています。

指を切るかもしれません。
でも、切ることで
刃物で指を切る痛さ、怖さ、
力の加減を知ることができると思っています。

私もたくさん怪我してきました(^^;


で、鉛筆を削ろうと肥後守を出したら
さびてる。

じゃ、研ぐか。

砥石を出してきて、研ぎました。
折角だから、包丁も研ぐか。


研いだらね、キャベツの千切りが気持ちいい!
ネギも小口切りが、つながらない!(笑

野菜に負担をかけてないから、切り口もきれいだし
なにより精神的ストレスがなく、
むしろ気持ちがいい!

はぁ~!

肥後守もそれはもう、削る力が軽くて済む。

ハルトモにも
「研いだから、よく切れるから
 もしかしたら、指を切るかもしれないよ。
 力の入れ方に気を付けてね。」
と言っておきました。

刃物うは、定期的に研がないとダメなんだわ~と
実感した休日でした。


ボランティアの時にね…
[PR]
# by kobutadebubu | 2016-10-10 21:21 | 作ること | Trackback | Comments(0)

主婦のお気楽極楽日記。主に食日記となっております(^^;


by kobutadebubu