<   2015年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ハルトモ と TV

ハルトモが好きな番組ランキングを発表しました。

1位 ひつじのショーン

2位 VS嵐

3位 シャキーン

4位 ネプリーグ

5位 はなかっぱ

6位 ピタゴラスイッチ

7位 0655

8位 ノージーのひらめき工房

9位 妖怪ウォッチ

10位 ドラえもん

11位 ZIP

12位 おかあさんといっしょ

13位 おとうさんといっしょ

14位 ズムサタ

15位 Let's 天才てれびくん

面白いので、載せてみました。

天才てれびくん、ZIPなど
Dボタンを使った参加型の番組が好きで
いつかリモコンが壊れると思っています。

テレビ、私も見続けてた。
だから、ハルトモが見続けてるもの気になるけど
見せてるのも私だし、
私も観たいし。


ま、いいか。

[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-30 12:04 | TV・ラジオ | Trackback | Comments(0)

投票の後は

c0010831_10291141.jpg

c0010831_10291125.jpg



水ぼうそうが治ってないので、
自宅療養中。

グレープジュースで作ったグミを食べ食べ、家族麻雀。

パパにヘルプを頼みながら、
楽しんでいます。

麻雀は色んな方向からの
物の見方や、
捨て杯から相手のあたり杯を読む
かなり頭を使うゲームです。

介護等実習で、機会があったら
麻雀、やれるかしら?!
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-26 10:29 | Trackback | Comments(0)

スキンシップ

Facebookでコメントをするにあたり、
エビデンス(根拠)を探そうとして
カヨ子ばーちゃんで検索。
そしたら以下の記事にヒットしました。
【第1回】なぜ、男の子を甘やかせてはいけないのか?
【第2回】「イクメン」を自慢しとったらアカン!
【最終回】男の子に「生き抜く力」をどう身につけさせるか?

共感できる内容も非常に多いのですが、
最強母乳外来のソラニンさんが読んだら
激怒しそうな内容もあります(^^;

たとえば、断乳をするべき時期というものがあるのですが、それができない母親のなんと多いことか!
基本的に、男の子はお母さんが大好きです。
これは、「性」の違いからくるものが大きいのですが、お母さんとしては、自分のおっぱいにしがみついてくるわが子が、かわいくて仕方がない。
特に男の子は、女の子に比べて、強い乳房願望がありますから、いつまでもおっぱいを吸い続けようとします。

そのうえ、最近は夫婦共働き家庭が増えていますから、フルタイムで働いているお母さんもめずらしくありません。
昼間、仕事でなかなか子どもの相手をすることができないという申し訳ない気持ちから、必要以上に甘やかせてしまいます。
断乳も、男の子のほうがやめにくいのです。たとえおっぱいの出が悪くても、しがみつき吸いついてくると、なかなかそれをやめさせることができない。
結局、子どもが乳離れできないのではなく、母親のほうが断乳できないのです。その理由は、「子どもがかわいそうだから」。

もっと言うと、男の子の断乳時期が遅れるのに、父親の気持ちが反映する例もあります。自分が早いうちに断乳を強いられて寂しい思いをした。だから、自分の子どもにはそのような思いをさせたくない。そういった理由で、自分の妻に「まだ断乳させなくても、いいんじゃないか」とお願いしたりするというのです。

これでは、いつまで経っても男の子の断乳時期が遅れてしまいます。
そして、ますます甘えた男の子が増えていきます。
これは、正直言って日本の危機ではないでしょうか。

(以上、記事から抜粋)

ここのあたりは
「えええ?!そうでしょうか?」とちょっと疑問です。

仕事でなかなか子どもの相手をすることができないという申し訳ない気持ちから、
申し訳ないなんて思ってないです。
そんな風に思ってはいけないのです。
「ありがとう」です。
保育園で待っててくれるから、ママも精一杯仕事できたよ
ありがとう!です。
「保育園 罪悪感 ごめんね」で検索すると色々ヒットします。

>父親の気持ちが反映する例もあります。
>自分が早いうちに断乳を強いられて寂しい思いをした。
>だから、自分の子どもにはそのような思いをさせたくない
>そういった理由で、自分の妻に「まだ断乳させなくても、いいんじゃないか」と
>お願いしたりするというのです。
男性ってあんまり子供の頃の事、覚えてないです。
残念なぐらい覚えてないです。
カヨ子ばあちゃんのオススメ断乳時期は1歳前後です。
そんな時期の事を覚えているって、ある意味凄い。
そして1歳前後ならまだまだ全然授乳してたって平気だし!

>これでは、いつまで経っても男の子の断乳時期が遅れてしまいます。
>そして、ますます甘えた男の子が増えていきます。
>これは、正直言って日本の危機ではないでしょうか。

私は向井理さんのお母さんが
「2歳半まで授乳していた」とぴったんこかんかんの中で
紹介されていて根拠のない自信を持ちました(笑
一度、どなたか授乳期間、断乳・卒乳時期(年齢)とその後の生活についての
調査をしてくれませんでしょうか。
そんなに関係は無いように思います。


親離れできないのも、子離れできないのも
乳離れできないのも、別の事が原因ですよね、きっと。

先日Facebookでシェアされていた
夜回り先生、水谷 修さんの文章です。





そこで今度は親と話します。

お母さんに毎晩一緒に寝て、触れ合ってください、とお願いするのです。


日本の小児科医の父と呼ばれた内藤寿七郎先生は、「子どもは三歳までに決まる」と言いました。

三歳までにどれだけ触れ合って、抱っこしたかで人生が決まると。


いま、子どもを全然抱いていないでしょう。

保育園に預けても、数人の先生では子ども全員を十分に抱くことはできない。

車ではチャイルドシートなんかに乗せて、全然抱いていないですよ。

たとえ十代になっても二十代になっても遅くはないから、お母さんに彼らと触れ合って、抱き締めてほしいとお願いするのです。

抱き合えばいいんです。

触れ合えばいいんです。
言葉は要りません。


これまた極端な例がありますが(^^;

大事なのはココ。
三歳までにどれだけ触れ合って、抱っこしたかで人生が決まると。

これって授乳も含めてって考えたら、
3歳ぐらいまでは授乳しててもいいんじゃないかな?って思います。
最大のスキンシップでしょう。


何が言いたいのかっていうと、

乳離れが遅くたってええやん!
ってことです。

水谷先生の文章読んで、ハルトモ抱きしめた
こぶたでした。


※やや批判めいたことを書きましたが、
 そうそう、って思う内容も多いですよ!
 見守ることの大事さも書かれています。
 口出しせずに見守るって、本当に修行です(^^;
 こういったお話は、占いと一緒で
 自分がいい、素敵♪と思ったことだけを取り入れたらいいですよね♪



水谷 修さんの文章 
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-25 00:04 | 妊娠・出産・育児 | Trackback | Comments(0)

Birthday

今日は43回目の誕生日でした。
c0010831_05325165.jpg
前日にハルトモの水疱瘡が発覚。

先週の金曜日も溶連菌のために休み、
月初もお腹の風邪のために休んでおり、
もう、いい加減休みの電話をするのも辛い…。

夜は夜で、ハルトモがうなされて
30分~1時間ごとに泣いて起きては
抱きしめたり、トントンしたり。
あまりよく眠れずに朝を迎えました。

ハルトモがなんだか泣いて一緒に起きてほしいといったけど、
眠たくて寝てしまって…。

それでも小児科に行かなくてはいけないので起きたら
「おねしょしたので、じぶんできがえました!」
と、機嫌よく報告してくれるハルトモ。

???

えええ?

おねしょ?!


慌てて布団を確認すると
ぬ、ぬれてるやん!

急いでシーツ引っぺがして、布団干して(^^;

そんなスタートの誕生日でした(笑

小児科で診察を待ちながら
「みずぼうそうになってよかった。
 だって、ママといっしょにいられるもん」
といったハルトモ。

もっとかまってほしいという
ハルトモの欲求がこんな風になっているのかな…。

Facebook、mixi、メールで誕生日おめでとうのメッセージを頂き
感激至極。
ありがとうございます!
メッセージをもらえるって、嬉しいですね~。

いまいち、誕生日気分が盛り上がらないのも
5月に教育実習を控えているから。

落ち着かない~!

近年まれにみる山場です。
恐怖でもあり、楽しみでもあり。
ヤマを越えた後、見える風景が変わると思います。
それが終わったら、43歳を実感できるでしょうか。
って精神年齢は27歳から止まったままで(^^;えーーーーー!それもどうなの)
43って数字にびっくりなんですけど。


以前は「親に感謝するもの」って母に言われても
その真意が理解できず、
かえって辛い10代を過ごしたので
「お前が言うな!」って思ったりもしたけれど、
子供を産んで育てて実感し、
今は素直に「ありがとう」って言えます。
生んでくれて、育ててくれた母と父に感謝。

お休みいただいたので、レポートを進めようと思います。
今日もきっと、
水疱瘡のウィルスと闘うハルトモに
夜中起こされ、罵倒されるでしょう(^^;
寝不足になったら、明日昼寝するからいいのだ!

ガンバリモス!


[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-24 23:16 | Trackback | Comments(2)

水痘

c0010831_2004751.jpg



保育園で大流行の水痘。

遂に発症!


先週は溶連菌で休んだのにーー。
勘弁しちくりーーー。


で も !


教育実習中じゃなくて


ほんとーに、



良かったーーーーー!




明日は小児科行ってきます。


ほいで、ハルトモに本でも買って
休み中、読んで過ごしてもらいます。
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-23 20:00 | Trackback | Comments(0)

てつだおうか?

「てつだおうか?」


最近、お手伝いをしたがるハルトモ。

洗物をしようとすると、

「てつだおうか?」

(^^;

洗い桶に水をはって、洗剤入れて
まずその中で洗って、すすぐという方法で
洗ってもらいました。


今朝、洗濯物を干していると、

「てつだおうか?」

靴下をハンガーにかけてもらいました。

「かわいたら、たたむのもてつだおうか?」

というので、自分で干した靴下を畳んでね、と
お願いすると
夕方、靴下を干したハンガーをおろし、
靴下を畳み、しまってました。


今日は、自分のおこずかいで
自分の好きなおやつを買いに行っていいよ、というと
セブンイレブン(大人の足で徒歩5分弱)まで買いに行って、
なんと、私の分のプリンも買ってきてくれました。
「ママは、おんなのこだからゼリーっぽいかなーとおもったけど
 プリンがめにはってきたから、プリンにしたよ」って。

「一人で買い物は、怖くなかった?」と聞くと
「ううん、ぜんぜん。
 とちゅう(しらないひとに)あいさつして、
 きぶんよくなったし、
 しょうがくせい(おとこのこ)にかわいいっていわれて
 ちょっとこころがてれた」

って!

えええっと…。

私が5歳半の時に
確かに同じぐらいの距離、買い物に行っていたようですが
挨拶は多分しなかった…。
さすがにご近所の顔を知っている方にはしていたと思います。
でも、知らない人にはできないし
いまもどちらかっていうと挨拶は苦手で、
小学校でのボランティアでも
中々子供達におはよう、さようならの挨拶を
こちらからできないことで、自己嫌悪になっている、私。

母の手伝いは、なるべくしたくなくて
ずっと遊んでいたいのに、と思っていた私。
ずっと後の小学生の頃の話ですが、
八百屋さんに
キャベツ・レタス
ほうれん草・小松菜を買いに行くのが恐怖!
だって、見分けがつかないんだもん。
札には値段しか書いてないんだもん。
人見知りだから、お店のおっちゃんに
「ほうれん草どれですか?」って恥ずかしくて
聞けないんだもん。

そんなダメダメな子供だった私。

み、見習うべきは息子でした(^^;


正直、洗物も洗濯も
私がやったほうが早いから
「えええ~(^^;いいよ~」って心では思うけど、
できたという達成感と、
ママのお手伝いができたという満足感で
嬉しいという気持ちがあるようです。

「やってみたい」という気持ちに
できるだけ応えたいと思っています。

心に余裕がないとねー、難しいんですよねー。

本当に子育てって精神修行です。



それにしても、ハルトモ、
頑張りすぎてやしませんかね?

「頑張りすぎなくてもいいんだよ?
 いい子じゃなくてもいいんだよ?」

なんて話をしちゃいました(^^;

急に成長されると、こっちはドギマギしちゃう。
親も一緒に成長しなくちゃなんですね。
c0010831_1348238.jpg

[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-22 23:52 | 妊娠・出産・育児 | Trackback | Comments(0)

勉強、勉強

c0010831_17104140.jpg
ハルトモ作成、ママへのテスト問題です。
本人解けませんが(^_^;)まあ、よく書けてます。

凄い。
私が5歳の頃って、、、。
絵は描いてたけど、
こんなことはしなかったな。

関心があるんですね。
それに応えられる瞬発力を
いつまでも持っていたいと思います。



c0010831_17104175.jpg

そしてこちらは
今日の午前中に作ったビスコッティの
冷ましている間の時間を使って、
平仮名を練習しました、
私が(笑)

一年生のクラスに補助に入ることもあるので、見直し見直し。


なんと、「も」の書き順が間違ってた!


こりゃ、漢字も見直さないと
子どもたちの前で
黒板に字を正しく書けそうにありません。
ヤバい!

[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-19 17:10 | Trackback | Comments(0)

春の粉祭

溶連菌のハルトモ。
まだまだ本調子ではないので、外遊びは避けたい。
でも、ノープランでうちにいると
体を動かしたい欲にかられる。

ってことで、クッキングー!

先日ハルトモと二人で見た「きょうの料理」のビスコッティ
ハルトモが作りたいといったので、作ってみましたよ。
c0010831_17474809.jpg
c0010831_13223548.jpg

ごま油のおかげで、さっくり固いけど、固すぎず。
美味しくできました♪

続きましては、粉もの第二弾。
うどん。

先日のケンミンショーでやっていた埼玉の肉汁うどんがね
非常においしそうだったので、
うどんから作ることにしました。
c0010831_13223514.jpg
私がうどんを伸ばして、切っている間に
オットとハルトモにお肉を買いに行ってもらい、
作りましたよ。

レシピはこちらを参考に。

c0010831_13223553.jpg



さらに海苔と、胡麻と、七味唐辛子を追加して
いやー、美味しかった。

大満足の日曜日、午前中なのでした。


ビスコッティ レシピ
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-19 13:22 | | Trackback | Comments(0)

溶連菌、再び

c0010831_15481100.jpg



昨日の夜、
ハルトモの顔に赤い発疹。
背中もいつもと違う発疹。

夜中も痒いといって起きる。


いよいよ、保育園で流行ってる
水疱瘡か。

と小児科に行ったら、溶連菌が原因の発疹でした。


熱が出てないのに!
そんなことあるんですね!


ハルトモのリクエストで、
お昼はジャガバター。

って食べ終わってから、
「ジャガバターじゃなくて、
ジャガマヨね」と言われました(笑)

なんだ、言ってよー(笑)

早く、良くなりますように。
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-17 15:48 | Trackback | Comments(0)

多面体

c0010831_17104060.jpg



折り紙で作りました。

中に手芸用の綿を詰め、
梱包用セロテープでコーティング。
耐久性をもたせましたが、
どこまでもつかな(^_^;)
[PR]
by kobutadebubu | 2015-04-15 17:10 | Trackback | Comments(0)