<   2014年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ハルトモ、リクエスト

c0010831_1148179.jpg

c0010831_1148182.jpg



一昨日、帰ってくると
「シチュー、たべたい!」
「うわ、急には無理だわ!
材料ないから、
明日にしよう」と提案。

レンジで作る
ホワイトソースで
ダマなし!
美味しくできました(^_^
ブロッコリーはやわやわになるし、色もかわっちゃうから後のせで。

買い物の中できな粉を買ったら
パッケージに写っていたきな粉餅に
心奪われたハルトモ。
「きな粉もち食べたくなっちゃったなー」
っていうから、
餅米買って、
ホームベーカリーでつきました。
出来立てのお餅に私もテンション上がります。

でもシチューをおかわりしたら、
「おなかいっぱいになっちゃったー」って、
お餅食べてもらえず。
ま、いいか(^_^;)
[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-31 11:48 | Trackback | Comments(0)

ボーリングデート

c0010831_1954589.jpg



ハルトモとボーリングデート。
先攻、私、
後攻、息子。
えーっと、なんでしょう
このどっこいどっこい(^_^;)
は、ハルトモ接待ですから!


なかなか思い通りに投げられず
「ママがおうえんしてくれないからだ!」と
理不尽なことも言われ、
ぶーたれ王子でした。

でも、スペアを2回だせて
隣のおばあ様方からも
ハイタッチを頂き、
嬉しいハルトモでした。
[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-30 19:54 | Trackback | Comments(0)

腹筋

c0010831_910737.jpg



TVKで女子ボーリングを見てたら
やりたくなっちゃった、と
ボーリングで遊ぶハルトモ。

BGMはテレビショッピング。





寝る前に、鏡の前で
「ママ、このお腹悲しいっ。
嫌いだっえいえいえいっ」と
自分の腹をペシペシ叩きました。

するとハルトモ、
「だったら、ふっきんの かったらいいよ。
いまなら、CDつきだよ。
でも、それせんようだから
アナとゆきのじょうおうじゃないけど、がまんして。」

と、テレビショッピングで放送してた
腹筋マシンを薦められました(笑)



ま、まずその前に腹筋しようか、と
私が10回やってみせると
ハルトモもやる!と。

手を頭に添えてやらせたら、
10回できちゃった。

あら。
やるわね。

でも、私はホッとしました。



私自身、幼稚園のころ逆上がりができなくて、ものすごい劣等感でした。
外遊びは良くしてたけど、
木登りとかもしてたけど、
身長がぐいぐい伸びて、
身体を支えるだけの筋力が追いついてなかったんじゃないかと推測。
ま、運動のセンスもそんなにないし
(^_^;)
4年生の時にできるまで、
苦痛だったし、
足掛け回りもできず、
鉄棒は苦手なままでした。

ハルトモは、
パパに似た身体能力とこの筋力で
楽しく遊んで、
体育もクリアできるでしょう。


私もとりあえず、
腹筋は続けて、お腹の脂を減らしたいですぅ。
[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-29 09:10 | Trackback | Comments(0)

嬉しい悲鳴

c0010831_2222720.jpg
夕飯は、もやしとにらと白菜と豚肉の
蒸し鍋。

「なべらしくない、なべ」っと
ハルトモの不評を買いました(^^;

すりごまを入れて、ポン酢で食べたらね、
美味しかった!
あ、蒸す時に
塩昆布を入れたのもよかったのかも。


このお肉、保育園から最寄りのスーパーに行く途中で見つけた
お肉屋さんで買いました。
前のお客様が会計している間、
「おーなーかー、すーいーたー
 がーまーん、でーきーなーいー!」
とか大きな声でわめいてたら、
お肉屋のご主人が
「はい、揚げたてのから揚げ」
って二つくださいました(^^;
もー、なにやってるのー。
揚げたてなので、その場でいただいちゃった。

土曜日に最後のから揚げって奮発したのに
これ(笑
あははは、ま、いいか。

恥ずかしいけど、
こうやって地域の方々とつながっていくと思ってます。

今朝も頼んでないのに、
玄関先をほうきで掃いていたハルトモ。
前のお宅のおばあちゃんに
「えらいわねー」と声をかけられ、
見知らぬ人と
「おはよう」とあいさつを交わしたようです。

もう、すごい。
私にはできない技です。

これをこのままもって、育ってほしいですわ。

[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-27 22:22 | | Trackback | Comments(0)

市場祭り

c0010831_22214395.jpg
オットの会社の市場祭りなるもの行ってきました。
オットは出勤しているので、ハルトモと2人。

ハルトモは何度かオットと休日出勤をしており、
駅からの道を覚えているようです。
「ママはわからないから、教えてね」
というと
「おれにまかせて」
って。

会社の最寄駅からの途中、休日出勤時には開店しているデパートを通り抜けるので
わからないーってなったけど、
まあ、なんとか切り抜けて、
いつもの道に出たら
「おれにまかせて!」
(笑)

中々の距離でした。
晴れていて、人も少なかったので、川沿いの道は
とても快適に歩いて行けました。

まつり始まる前から、すでに買い物客がお店に(笑
朝食を食べてこなかったので、
着いて早々オットと遭遇し、挨拶したら
海鮮汁、豚串、牛タンのフランクソーセージ、
浪江の太っちょ焼きそば、チャーメンを食べまして。
魚市場、青果市場の市場祭りですが、
東北からの出店も多く、
こんなメニューに。
他にもうまそうなものがギョウサンありましたが、
胃袋が…。
鉄火丼とか、せんべい汁とか、牛もつ汁とか、
ホルモン焼きとか。
限定のビールとか。

仲買から買えるとあって、もうみんなおかしいぐらいに買ってます。
マグロとかもね、おいしそうでしたよ。
ハマグリとかもね、大ぶりでおいしそうでした。

ハルトモは豚串が美味しかったらしく、
もう一本買ったり、
チャーメンが気になって
「食べたかったら自分で買っておいで」といったら
買ってきたりして。

買ったのは、ハルトモがなんだか試食しまくって、
(売ってたお兄ちゃんが、おかわりか?って
何本も試食をハルトモに渡したんですけどね(^^;)
申し訳なくて買ったソフトあたりめと
海苔、1帖で100円を5つ!
安い!

以上(笑

最後の最後で、白バイと消防車の記念撮影。

帰りに寄った紀伊国屋書店で予想外の散財。
帰りの電車で、買った絵本を
小さな声に出しながら読んで、
大人しく帰ってこられました。

仕事をしているパパを見られて、
ハルトモも楽しめたようで、私もうれしいのですが、
体力を奪われ、今日は背中と腰が痛かったー。
腰とか、やばい。

言いたくないけれど、


歳だなぁ…。

[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-27 22:21 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

しばらく、さようなら

c0010831_1445596.jpg


大好きな唐揚げ屋さんで、
唐揚げの食べ納め。

ハルトモの肌荒れ、カユカユの原因
私の花粉症の原因が、
加熱した油だという説をききまして。

本屋さんで、その手の本を立ち読みしたら、思う節もあったので、
苦しくない程度に
加熱油とさようなら。

心置きなくできるように
大好きな唐揚げで
食べ納め。

ザッツB型!
[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-26 14:45 | Trackback | Comments(0)

奇遇

今日は3年生と4年生のクラスにお邪魔しました。
給食は3年生と一緒に食べました。
「先生の好きな色は?好きな食べ物は?何座?」って
聞いてくる女の子。

質問内容が、かわいいー。...

「先生、いくつ?20代0だよね?」

ぶほっ。

さすがにね、それはそうだとは言えない(^^;
「30代?」

「違うんだー」

「40代かー。私のお母さんが38歳だから、年上だね」
「うちのパパが42歳」

そうだよね、そうなりますよね。
ええ、ええ。

おうし座だよ、と教えると
「4月何日?」
「4月24日だよ」
「えー!W先生と一緒!」

なんとそのクラスの担任の先生と
誕生日が一緒でした。

おおおおお。
久々に出会った同じ誕生日の人。
FBでつながっている同じ誕生日の方も教職。
何かあるんだろうか、と思わざるを得ない(^^


[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-24 23:03 | 通信大学 | Trackback | Comments(0)

教育実習をする母校での

ボランティア初日が終了しました。


疲れたー。


緊張して。


さして何もしてないです。


でもぐったり。

保育士の経験があって出産したとき
世の中のお母さんたちのすごさを実感しましたが、
それと同様。
先生たちって大変!

45分ってなんて短いんでしょう!

丁寧になって教えていたら、それこそ終わらない(^^;

でも単元の時間は決まっている。

難しいですね!

6時間までびっちりいて、

全て別のクラスに入れていただきました。

色々な先生の教え方、かかわり方を拝見しました。


いろいろありますが、

それを糧に自分に生かしていければと思います。


[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-24 16:39 | 通信大学 | Trackback | Comments(0)

スライス

c0010831_1373287.jpg

c0010831_1373268.jpg



皿うどんと
オットが
仕事の報酬に貰った
マグロのスライス。

本当にスライスだった(笑)

骨がね、ついてて
骨付刺身だった。

花粉症が酷い。
鼻水がとまりません。
その上、
風邪もひいちゃって
喉が痛いー。

辛いっす。
[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-22 01:37 | Trackback | Comments(0)

モチモチの木

先週末の「国語」のスクーリングで

「モチモチの木」を取り上げて講義がされました。


久々のモチモチの木。

滝平二郎さんの切り絵が、なんとなく恐い印象で

内容はすっかり忘れておりました。


文学作品を読み込みさせる授業とは、

の教材として用いられたモチモチの木。


久々に読んで、また読み込んで

こんな話だったのか!と改めて思い直しました。


ジサマと5歳の豆太とモチモチの木のお話です。

息子が5歳ということで、

私の捉え方も

最初に読んだ子供のころとは変化しているんでしょうね。


そして、今日、アマゾンでモチモチの木の素敵なレビュー に出会いました


この物語のいいところは、豆太がジサマを助けた後も、

相変わらず甘えん坊のままで終わるところだ。


よくある児童絵本ならば、

「それ以来、豆太は勇敢な男の子になった」というように、

教訓的に終わるかもしれない。


しかし、そういう結末は、

子供をありのままに受け止める余裕のない大人の「身勝手な希望的結末」だとも言える。


真の自立には、依存が不可欠だ。


河合隼雄氏がこのことを明快に論じておられるのを見つけた時、胸のすく思いがした。


「自立とは、実は、依存を排除したところにあるのではない。

十分な依存の裏打ちがあってこそ、そこから真の自立が生まれ出てくる。
子供を甘やかすと自立しなくなる、と思う人もいるが、

確かにこの時、親の方が自立していない場合は、子供の自立を妨げることになる。
親が自立的であり、かつ子供に依存を許すと、

子供はそれを十分に味わった後は、勝手に自立する。」


豆太は、ジサマを助けた後も、弱虫で甘えん坊だった。

そんな豆太を、ジサマは丸ごと受け止め、信じ、愛した。


だからこそ、豆太は、オトウやジサマのように、たくましく優しい若者に育ったに違いない!と思うのだ。

豆太は、村一番の勇敢な猟師になったかもしれない。


豆太は「本当の自立は依存に裏打ちされている」ということを、自分の体験から知っている。
だからこそ、豆太もまた智慧のある大人に成長したに違いない・・・と思うのだ。
子を育てる智慧とは、

そうやって親から子へ、子から孫へ、

理屈じゃなく、体験として受け継がれるものではなかったのか。


日野原重明先生は「子育てとは待つことだ」と言っておられた。


私は「信じる」とか「愛する」とかいうこともまた、「待つこと」であるような気がしてならない。


特に昨今、

日本で忘れ去られようとしている「子育ての智慧」・・・

それは即ち、「愛する」ということの智慧に他ならない。


「モチモチの木」には、実は、それほど大切なことが描かれているのだと思う。




素敵です。

講義が終わる前、土曜の夜にでも見たかったです(笑


そうなの、そうなの。
きっちり甘えておけば、勝手に自立する。
私もそう思います。
それをハルトモで具現化できればいいのですが、
私が子離れできるのか(^^;



土日のスクーリングで、土曜の夜に「モチモチの木」を

息子にも読んで聞かせました。

でも、絵本ではなく、耳だけ聞いたので

「よくわからなかった」

だよねー、言葉も難しかったり方言だったりで

何言ってるかわからなかったよね。



そこで

「豆太がお腹の痛いおじいさんを思って、

 怖いのを我慢して、お医者さんを呼びに行った

 勇気ある豆太の話だよ」

と私がゆうと、



「ハルトモがママがお腹が痛いからって

代わりに100円ローソンまで

買い物に行ったのと同じだね。」

初めてのおつかい



とオット。




!  !  !




たまにいいこと言うんだ、オット。



その通りだ、その通り。



あらやだ、うちの息子、

豆太だった。


近いうちに必ず、買おうと決意しました。
絵本を読むたびに思い出すと思います。


[PR]
by kobutadebubu | 2014-10-21 00:00 | 本・雑誌 | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu