カテゴリ:小学校( 14 )

思えば、叶った!

昼休み。
5校時目に使うワークシートを作ろうと、
PCに向かっていたら

「こぶた先生、〇〇小学校のF先生から電話です」

ぬわ~!ハルトモの担任やん!
37.7度の発熱。

お迎えに来てくださいって。

早退させていただくことを教頭先生に告げ、
担当クラスの先生にもお詫びをし、
ハルトモの学校に迎えに行く旨折り返し連絡。

転職して初。

朝から頭痛いって言って、
学校行く前、電話かけてきて、
「午後はお仕事しないで帰ってきて~」って
泣いていたハルトモ。

…。

ハルトモの願い、叶えられたり!

いや、私もきっと休みたいと思っていたのかも。


なんてことを考えて、駅へ。


雪だし、無理だよね~、
でも万が一ってこともあるし!
とダメもとでタクシー乗り場へ。

私がタクシー乗り場についたら、
タクシーが来ましたよ!
「寒い中お待たせしました」って運転手さん。
これっぽっちも待ってません(笑

ハルトモの願いをかなえるために、
大いなる力が全力で応援してます(^^;

無事、雪の中を歩かせることなく
タクシーで家に帰ってこられました。

タクシー降りたら、 ハルトモが
「ママ、授業あったんでしょう? 
ごめんね。 
それと迎えに来てくれて、ありがとう」


びっくり。


いつからそんなことが言えるようになったんでしょう。
驚いて、次の言葉が出てきませんでした。


ハルトモもほっとしたのか、
家で熱を測ったら36.7度。

明日は学校、行けそうです。
[PR]
by kobutadebubu | 2016-11-24 19:32 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

うまく言えない…

今日のFacebookで
茂木健一郎さんがこんなお話をアップされていました。

小学校の算数にまかり通っている「奇習」は、
子どもたちに対する「虐待」である
http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8305779.html

気になって、
いろいろ調べてみたけれど
よくわかりません(^^;
スクーリングで使った初等算数科のテキストも見てみたけど
明確な答えはありませんでした。

初等算数と数学の違いでしょうか。

子ども達の発達段階に合わせて少しずつ
ステップアップして教えていくので、
一通り学んでしまった大人からすると
不思議に感じてしまうのかもしれません。

必要性がないように思えても、
未発達の子ども達には、
大事な手立て、方法、手段になっているんじゃいかと。


少し論点がずれるかもしれませんが、
この茂木さんの話を読んで思い出したことがありました。
先日、速さのテストで
「150㎞を3時間20分で走る車の時速は何kmですか」
という問題がありました。
式)150÷3と1/3(帯分数です)=150÷10/3
               =150×3/10
               =15×3
               =45
答)(時速)45km 

となります。

これを途中の式
3/10×150=45
で回答したした児童がいました。
この式しか書いていないのです。
確かに乗法は交換法則がありますので、
掛け算の式は間違っていません。
答えもあっています。
でも、式は、不正解。
答えは、45㎞なので正解です。
時速を出すには、「道のり÷時間=速さ」を教えており
それを理解しているかどうかを見るテストなので
それを見せてもらわないと評価できないのです。


茂木さんも問題している、かけ算の順序。

1個分(単位量)×いくつ分=全体量

なので、
2×3と3×2は意味が違ってくるんです。

正直、初等算数科のスクーリングを受けるまで
どっちだって一緒でしょと思っていました。

でも、子ども達に単位量を数直線などを使って
考え、習得させるためには
この順序はこだわったほうがいいんじゃないかな?
と教えていて感じています。

でも、あくまで文章問題で、ですよ。
普段、日常の生活ではどっちだって
早く計算できればいいと思います。


先生初めて2か月なので、
また先生歴を重ねたら変わってくるのかな…。
何年後かにこの内容をみたら、私はどう思うのかしら。


先生たちも目の前の子ども達に興味を持って教えるために
頑張ってます。

頑張っているから、いいでしょう?!
とはいいません。
井の中の蛙にはならないようにしないと、
と思っています。


小学校の算数にまかり通っている「奇習」は、子どもたちに対する「虐待」である (全文)
[PR]
by kobutadebubu | 2016-11-20 22:29 | 小学校 | Trackback | Comments(5)

小学校、初運動会。

1日順延された
ハルトモ、初めての運動会、終了。
c0010831_20291594.jpg


校長先生の英断に感謝!
お陰で、土曜日だったら仕事で来られなかったオットが、来れました。

天気も良く、清々しい!

ただ、
日差しにやられて、疲労困憊です。
日焼け止め塗ったけど、焼けたよねー。

c0010831_20291533.jpg



ハルトモの姿には、
案外感動もしなかったのに、
他のお子様の競技や演技にウルウルしちゃって、
何が琴線に触れるんだろうと考えてみたところ、
「音が重なる」
「声が重なる」
「動きが重なる」
などに弱い事が分かりました。

午前中は我慢してたんだけど、
午後はハンカチ鼻に当てて、
思う存分、ウルウルしてきましたヨ。




ランチタイム。
お菓子を持って、ウロウロする子ども達。
どうやらお菓子交換してるらしい。

「ねえねえ、なんでお菓子交換してるの?!」
去年、教育実習に行ったクラスの子を捕まえて聞いてみたら、
「遠足気分なんです。
だから、運動会前は、友達と分けあえるお菓子を用意するの」

へぇ!
知らなかったよ。

「そうなんだー!」と関心してたら
「先生にもあげるー」って
その場にいた子から次々とお菓子が(笑)
c0010831_20291691.jpg


嬉しいなー。
幸せに浸りながら、お菓子をほおばりました。

明日は学童。
朝からお弁当作らなー
あかんやーんヽ( ̄д ̄;)ノ

今日は早く寝る!
[PR]
by kobutadebubu | 2016-10-02 20:23 | 小学校 | Trackback | Comments(0)
不登校を経験した男の子のお話しです。
現役高校生が語る!3年半の不登校が僕をエンジニアにしてくれた
ご両親が素晴らしい。
お子さんとの仲が悪くなったり、
ご夫婦での意見が合わなくて喧嘩をされてたようですが、
試行錯誤しながら
お子さんを支えていたんだと伺えます。

茂木健一郎さんの
「新たに不登校になった小中学生6.5万人」のニュースに思う。

職業柄、お子さんが不登校の親御さんから、ときどき相談を受けます。

そのようなときに強く感じるのは、「ほんとうは学校に通うべきなのに」という、世間の風圧のようなものです。それを、親御さんも感じていらっしゃる。

心は見えないから、無理なときは本当に無理なのに、「がんばれば行けるのになぜ行かないのか」と周囲が思ってしまう。そこに問題がある。

ぼくは、はっきり言いたい。学校に行くのが無理なときは、行かなくていい。学校に行かない権利がある。

それに、学びのかたちは一つではないです。アメリカでは、家庭で学ぶホーム・スクーリングの子が約200万人、全体の約3.4%いると言われています。これからの時代は、さまざまな学びのかたちを提供していくのが、社会の務めなのではないでしょうか。

学校に行かないと、社会性が身につかないという議論も、よく聞きます。
しかし、学校に行くことで身につく社会性とは、一体なんなのでしょうか?

社会には、さまざまな年齢の方がいますよね? おじいちゃんも、おばあちゃんも、おじさんも、おばさんも、小さな子も。そんな中で、さまざまな人と関わるのは、確かに社会性だと思います。

一方、学校の、同じ学年の子がばーっと密集している、あの均質な感じ、そんな中で、いじめがあったりするあの環境は、それがたとえ社会性だとしても、かなり特殊な社会性だと思うのです。それに適応できる子もいるけども、適応できない子もいる。

そして、あの、学校の社会性に適応できなくても、それは、敢えて言えば大したことではないと、ぼくは考えるのです。

もちろん、学校の大切な役割はあります。行けたら、行ったらいい。
しかし、大切な役割はあっても、唯一の役割ではない。

学ぶ場所、社会性を身につけるやり方は、ひとそれぞれで、その自由を認めることで、ずいぶん多くの人がラクになると思うのですが。

みなさんは、どのようにお考えですか?
(転記)


いや~、もうその通り。
学校は大事な役目はあるし、楽しく行けたら行くに越したことはない。
私は小学校、高校好きだったし、(家も学校も辛かったのか、中学の記憶なし)
家が結構ヘビーな状態だったので、学校がなかったら辛かったです。

でも、全員そうとは限らない。

その人に合った働き方が選べるように、
その子に合った学び方が選べないと、ですよね?

うちの母も、学校行きたくないっていったら
「じゃ、休んだら?」といってくれる母でした。

高校の時、年に一度、どうしても行けない日があって
休んで映画見に行ったりしました。

先生の立場になったら、見方が変わってしまうのかな。
来てほしい、って思っちゃうかな。
きちんと「目の前の子ども達の最善」に尽くせる教師でありたいと
思います。





[PR]
by kobutadebubu | 2016-07-23 15:48 | 小学校 | Trackback | Comments(0)
さとうみつろうさんの今朝のブログで
GHQによる「3ケタ」の罠
ってのがありましてね。

小学校の算数で、大きな数を数えるときに
4桁ごとに点を打っているけど、
一般常識では3桁ごとじゃないか!

って話です。

うちの父もこれにがっつりくらえついて、担任の先生に申し出てました。

確かにね、4桁で点を打っていたように思います。
でも、3桁で打つようには習ってないような…。
気になったので、調べてみました。

検索すると同じように思ったり、子供からの質問でぶつかったりする人の多いこと(笑
3桁ごとに打つ理由は、


日本語で考えると、0 が4つごとに桁が万、億、兆と繰り上がるので、4桁のほうがいいような気がするんですよね。
英語で言う時には、0が3つごとに桁がサウザンド、ミリオン、ビリオンと繰り上がります。
1,000 one-thousand 千が1こ
10,000 ten thousand 千が10こ
100,000 one hundred thousand 千が100こ
1,000,000 one million 百万が1こ
10,000,000 ten million 百万が10こ
100,000,000 one hundred million 百万が100こ
1,000,000,000 one billion 十億が1こ

読む時は日本語で読むのですが、数字の表記は英語の考え方なので、日本人としては混乱してわかりにくいですよね。

引用元 なんで3桁ごとにカンマが入るのですか?

これを千進法といいます。

へぇ~!

小学校で大きな数を勉強するときの注意点として、以下の点が挙げられています。


小数点は,日本ではピリオド(.)を用いる。
小数点をかく場合,コンマ(,)は3桁ごとの位取りに用いるため,

コンマは使わないように注意する。

引用元 3年~4年 【 小数・分数のかき方の指導】

こんな注意点があったんですね!

これは小数点の指導ですが、大きな数でも同じように指導されると考えられます。
(探せなかったけど…)


で、一般常識では3桁なのに、なぜ算数では4桁ごとなのか。



なぜならば、日本語は元々4桁ごとに区切られる1万進法を取っているからです。

一、十、百、千のあとは、4桁ごとに単位が用意されています。


仮に4桁ごとに数字を区切ると、
1,0000=1万
1,0000,0000=1億
1,0000,0000,0000=1兆

どうです?分かりやすくないですか?


引用元 大きい数字を読むコツ ~3桁区切りは日本語に馴染まない~

大人でも読むのが大変です。

先生方は、教えるときにこんな努力もしています。

絶対4つ区切りにカンマをつける

万・億・兆・京・・・と、日本の位は4つ区切りに進んでいます。にもかかわらず、一般的に数字が表記される場合には英語圏の3つ区切りになっています。例えば5,863,548,752というようにこれでは日本読みができないので、「大きな数」の単元では、強引に4つ区切りにカンマを打たせます。


引用元 難関「大きな数」は4つ区切りを徹底して

この問題が発生する「大きな数」は小学校4年生で習います。
この単元の目標は、(抜粋)


・十進位取り記数法の有用性に気づき、大きな数の表し方にいかそうとする。

・千兆までの数を読んだり、表したりできる。位取りに着目して、整数の10倍、100倍の数、10でわった数をつくることができる。

・億や兆の単位を知り、整数の命数法、記数法がわかる。
位取りに着目して、整数の10倍、100倍の数、10でわった数をつくり方がわかる。

・どんな大きさの整数でも0~9の10個の数字を使って、十進位取り記数法によって表されていることがわかる。


引用元 4年生算数 単元指導計画「①大きな数」(全7時間)

この十進位取り記数法とは、

10ずつまとまるごとに,1つ上の位に上げていく数の表し方を十進法といいます。また,数字を並べてかいたとき,その位置によって大きさを表すきまりのことを位取りの原理といいます。
十進法と位取りの原理によって,0から9の10個の数字を使って数を表す方法のことを十進位取り記数法といいます。



引用元 十進位取り記数法

これ当たり前に使ってるけど、実はとっても便利だということも習います。
c0010831_12274445.png
他の記数法を学ぶといかに有用が分かります。
引用元 「十進位取り記数法」の指導(はなまるサポート)

一昨年の初等算数科のスクーリングで全く同じことやったよね(笑
あー、資料、取っておけばよかったな…。


少し脇道にそれましたが、要は
小学校4年生が、十進位取り記数法を理解して、読めて、書けるようになる
には、
やはり4桁ごとに点を打って行った方が「億、兆」が理解しやすいのです。

こちらに書かれていますが(3桁ごと?4桁ごと?コンマのつける位置

中学で英語を習ってからならmillionとかbillionとかを紹介してこういう千進法の言い方が米語の体系にはあるので(英語は実は千進法ではなく百万進法ですし、他の国でも必ずしも10進とばかりはいえない数体系が多いのですが)それにあわせて3桁区切りなんだよ、っていう理由が言えるのですが、小学校ではやはり万進法の数の名前は重要ですね。
妥協案としては小学校では区切りのコンマは教えない
実は中学以降の数学の本にはこういうコンマで区切る数はありません。むしろ商業とかの実用、つまりアメリカとの関係を含む実用の体系で数学にはない表現です。理科でも使いませんね)、中学で「こういう書き方もあるよ、と言う形で3桁区切りを紹介、その日本的変形として(4桁区切りのアラビア数字というのは結局そういうものです)4桁も昔は使ったよ、とエピソード的に教える、というのが妥当ではないかと思います。


私、3桁で習ったことないな、と思ったら
中学以降はでてこないんですよね、そんなに大きな数。
もしかしたら社会科で資料を読む際にでかい数字はでてきそうですが、
(国家予算、人口などなど)

バイトを始めてから、3桁コンマに悩まされたように思います(^^;

ちなみに、混乱をきたさない程度に4年生の段階で
一般的には3桁でコンマを打つことも紹介して多くのもありのようです。
(そのような指導計画もありました)

あー、すっきりした。
面白かった、私が(笑

きっと忘れちゃうので(^^;
記録として残したくて、書きましたよ♪








[PR]
by kobutadebubu | 2016-07-16 12:41 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

老体に鞭打って


小学校でのバレーボールに初参加。

来られるときに来ればいい、というスタンスで
気楽に行ったのですが、
経験者の方が非常に多くて、
ビビっております。
体育館履きも皆さましっかりしたスポーツシューズ。
スリッポンでいってるのなんて私だけ(^^;

バレーボールは初心者です。
中学は、帰宅部。
高校は、アニメ部、漫画研究同好会。
と、運動からは程遠いところにいた私。

初心者なのに、学年のキャプテンとかになっちゃって
(連絡係ですよ。だれがなるの、ならないので時間がかかるのも嫌だ)
交換したグループLINEでの自己紹介で
「レシーブも、アタックもできず」
なんて書いたら
レシーブは、アンダー(ハンドパス)だし
アタックは、スパイクだし(そうだスパイクって言うよね)
もう用語自体が古い(^^;

ウォーミングアップのトス練習等々で
はぁはぁ生き切らしちゃう始末。
何も始まっちゃいねぇのに…。
c0010831_10162936.jpg
c0010831_10163457.jpg
お見苦しいですが、頑張った証の内出血。
見た目ほど痛くはなく、翌朝には結構あっさり引いて
「やだ~、アタシもまだまだ若いのかも~」と勘違い。
冷やしたほうがいいよとアドバイスいただいたので、
湿布を買い足します。


それにしても、全く上手くいかないのが悔しかったデス!

ってことで、自宅でもイメージトレーニングですよ!
c0010831_09453362.png
[基本編]初心者のためのバレーボール上達講座!


小学生や初心者向けなので、わかりやすい~。
次行った時には、これを参考に動いてみようと思います♪

でも、調べてみて気が付いたこと。
練習方法を教えてくれるサイトに行くと

「90日以内でレベルアップしなかったら全額返金いたします」

なんじゃそりゃ?
と思っていくと、DVDですよ、奥さん。
だいたい19,800円を16,800円にするようです(笑

こういうのがあるってことは、それだけ需要があるってことですよね?
バレーボール競技人口って多いんだな~!と
変なところで感心してしまいました。








実は…
[PR]
by kobutadebubu | 2016-06-29 10:11 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

●●防止、発見のため

ハルトモの小学校で歯科検診でした。
結果報告の下にこんなものが!!!

c0010831_22401067.jpg
歯の治療報告!

治療したかどうか、学校に提出するんだ!


虫歯の有無、歯の治療をさせてもらえるかどうかは
虐待発見のきっかけになります。
ネグレクトで放置されている子は、歯の治療なんてしてもらえません。


-21- 歯科医が見た児童虐待(上) 虫歯数は一般の3倍

-22- 歯科医が見た児童虐待(下) 行政サービスの立案を

上記の記事にあるように、ひどい場合は通報につながります。


ハルトモは、虫歯もなくきれいな歯を保っています。
3月に行った初めての歯科検診は大泣きだったけど、
優しい歯科女子、違った、歯科助手さんのおかげで
「オレ、あの歯医者さん好きだな。回る歯ブラシが気持ちいい」なんて
言っています。
「3か月したら、また来てね」をしっかり覚えていて
「6月30日に行かないとね」と。
たまたまその日は引き取り訓練があり、
早めに学校に迎えに行くので、その日に予約を入れちゃいました。
また泣くかもしれないけど、それは想定内にして
歯医者さんに慣れる、歯をきれいにすると気持ちがいい♪を
経験していこうと思います。

私は5歳で前歯を銀歯にしたので、
7歳前にして虫歯がないハルトモがうらやましい。
オットとともに、お箸、スプーン、ストロー、ペットボトルなど
口にするものは、ハルトモと共有しない!を徹底してきただけあって
本当にきれいです。
実家の母が、母が使った箸でハルトモに食事を食べさせようとしたので
お箸を変えてほしいことを言ったら
母の機嫌を損ねて箸を投げつけられました(^^;
「私はばい菌じゃない!」って。
私の言い方も悪かったんでしょうね、きっとね、覚えてないけど(笑

まだ、歯が抜けてないのも気になるけど(笑
抜ける前から歯医者さんに行くことで、歯並びの相談なんかも
しやすくなるかな?とも思っています。

コツコツ虫歯を治している私。

「ママみたいに、虫歯になくことになってもいいの?!」

なんだ、それ?!みたいなことを言って
歯磨きをさせている、こぶたでした~。

[PR]
by kobutadebubu | 2016-06-02 22:39 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

ボランティア、再び

今日は、9か月ぶりに

小学校へボランティアに行ってきました。

 

支援級の子ども達への支援です。

 

新しい小学校なので、緊張するかと思いきや

一日終わって振り返ってみても、

「あれ?緊張してなかったしそれなりにできてたかしら?!」

なんて、自画自賛ニヤリ(笑

 

「僕は、なんでも手を出されるのはいいと思ってないので

 その児童に必要な支援をあらかじめ確認してようにしたほうがいいよ」

 

これは、教育実習の時にいただいたアドバイス。

 

確かに、今日も

私はその児童の暴走を止めているつもりだったんですが、

「この子には帰りの支度のルーティンがあって、

 一人でもしっかりできるので、見守る姿勢で

(あまり手を出さずに)いてください。」と

指導されました滝汗

 

支援級の子ども達につくために、一年生のクラスにも入りましたが

先生の学級運営の方法が全くわからないので

初めての給食だったんですが、どこまでやっていいのか

正直手を出しすぎちゃったなっと反省するぐらい

やってしまった…。

先生は子ども達の力を信じて見守っていたかもしれないのに…。

 

まあ、とはいえ初日なんでね。

打ち合わせも何もなく、いきなり入って

それをクラスの環境整備と先生の雰囲気から感じ取るのは

相当のベテラン先生でないとできないと思われ。

 

 

「ま、いいかてへぺろ

 

 

あ、もちろん適当にやればいいか、って意味ではないですよ。

気にしすぎず、次に生かせばいいかルンルンです。

 

時間になって、支援級担当の先生に

「今日は助かりました。
 すぐにその子の個性を理解して対応してくださってましたね。

仰っていただきました。

 何か特別支援の勉強でもされてたんですか?!」って

 

照れいや~んラブラブ

「去年、教育実習をして直近で勉強してただけです。

 まだまだ、至らない点が多いので、ご指導ねがいます。」

うふふ、お褒めの言葉と受け取らせていただきました照れ

 

お話ついでに、りクエストもしちゃいました。

 

「次回から、その子の傾向と具体的な支援方法を教えてください。

 いつもと違うことをして混乱させたくないですし、

 やれることなのに、手助けしてしまうのもいけませんし。」

 

去年、さっきのアドバイスされたときには

「えええ~!私はその時の最善を尽くしただけだけどー!ムキー

 そばにいて、声かけして、気を紛らわさなかったら

 N君は隣のRちゃんをずっと攻撃してたやん!ムキー

って、ぶすっとしましたが

S先生。

申し訳ございません。

先生の仰る通りでございます。

一時を見てすべてを判断したらアカンですな。

 

支援級の子ども達への支援方法は、普通級の子ども達にもとても有効です。

インクルーシブな教育が求められているので、

どんな子ども達にも有効な方法を勉強できるとてもいい機会を頂きました。

 

来週もがんばるのにゃ!


[PR]
by kobutadebubu | 2016-04-19 23:49 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

学級通信



私が教師になったらやってみたいな、って思うことが
毎日メールでクラスの事を送信する学級通信。

毎日違う子ども達の事を、一か月でクラス全員が1回は取り上げられるようにして。
いいことも悪いことも。
まず、悪いことをあげてそのあといいことを書く工夫したりして。

メールアドレスを使う趣旨。
それ以外には使用しない承諾書をつけて、承諾もらって。

写真と簡単な毎日の様子を添えて送るの。

ダメかな…。

幼稚園や保育園でもやれたらなって思うんですよ。
いない間の様子って気になるし、
特に幼稚園保育園って成長著しくて
家でできなかった初めての瞬間が多くみられるでしょう?
それを報告できたらいいな~って。
保育者の負担にならない程度にですよ。
義務になったらダメですね。
保育者や教師が楽しんでなければ、やる意味はないと思っています。

あーでもやりたいわ!

ってか、その前になるのか、ならないのか!(笑)

[PR]
by kobutadebubu | 2015-10-12 13:28 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

ボランティア最終日

本日をもって、母校でのボランティアを終えてきました。


ええ、肩たたきにあいまして…。
実習中のことが原因でしょうか…。




















すみません、嘘です(笑
校長先生より
「実習校だけでなく、他の学校でのボランティアで
 視野を広げたほうが良い」と。

実習中の御恩を3月までのボランティアでお返ししよう。
そう思っていたので、ちょっと残念です。

校長先生、教頭先生を始め
諸先生方とご挨拶させていただき、
その時に
「採用試験受けたんですか?」
「いつ受けるんですか?」
「一緒に働けることを願っています」
とお声掛けくださる方がいらっしゃいました。

とても嬉しかったです。
特に、私が尊敬している先生から
「一緒に働けることを願っています」と言われたとき
とても感激しました。
嬉しいな~。

私の人生は、私のものです。
でも、お世話になった先生方の期待にそいたい、と
正直思いました。
私の微力が役に立つのであれば、
「はい、喜んで!」

来年はハルトモが一年生です。
二人同時に新しいことを始めるには、
かなりのリスクが伴うと、
今までの経験から感じています。

1年生のうちは、セーブして
2年生になったら、
フルタイムで働くようにシフトチェンジしていこうか。
これが今の私のキャリアプランです。

ハルトモとの時間も充実させつつ、
先生方の期待にそいつつ、
私のやりたいことをやっていきます!


その前に、レポート!
やらなくちゃー。
なんだか実習終わったら、ホッとしちゃって。
もう一か月たつのに(^^;
進んでない~!
がんばります。

[PR]
by kobutadebubu | 2015-07-15 16:39 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

主婦のお気楽極楽日記。主に食日記となっております(^^;


by kobutadebubu