お誘いします(^^

私がどっぷりはまっている『学び合い』(二重かっこの学び合い)
各地で『学び合い』の会が行われています。
私も積極的に行って、刺激を受け、勉強しています。

8月に厚木で開催して好評だった『学び合い』模擬授業
11月にも開催されます。

次の学習指導要領の改定で、学ばせ方が大きく変わります。

この『学び合い』
これからの主流になってくれるといいなぁ~と思います。

8月は三十余名参加があり、教員以外もとても多く参加されていました。
自宅学習をしている子や、支援級に行っているお子さんを連れて参加される保護者の方も
いらっしゃいました。


(主催の雨野千晴さんが8月20日のレポートをされています)

私も支援級の担任として、『学び合い』を取り入れたけれど
うまくいかなあい…。
それをなんとか打開したいと思っています。

ご興味のある方、ぜひ(^^

午前中には神奈川『学び合い』の会があります。
(10:00~12:00)
こちらも一般の方の参加もウエルカムですが、教員が多く
お互いの課題を自ら解決していき、全員が課題を解決しようとする
参加者自ら『学び合い』を実践するスタイルです。
かなり頭を使いますよ~(^^

西川純先生のHPです。
『学び合い』について知りたい方、どうぞ♡



[PR]
by kobutadebubu | 2017-09-02 10:28 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

教師の役割

教師の役割は、壁紙になること

昨日の飲み会で仕入れた考え方です。

先生は、必要以上の事は話さず、
壁紙に徹する。

子どもたちが主体性を持って学んでいく。

これからの教育の在り方です。


未来の先生展 2017

今週末です。
興味のある方は、是非!
[PR]
by kobutadebubu | 2017-08-22 21:47 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

宿題、終わった(多分)

【終わった】
読書感想文、書き終わりました
息子が。

今年は1つぐらい書かせよーなんて思ったら
作文か図工か1つは作品を出さないといけなかった💦
お便りは読まないとダメですね!(笑)

息子は、感想を求められるのが苦手です。
分からないのです。

だから、手取り足取り、
段階を踏んで、私が色々設問作って
息子の言葉を引き出して、
時に私が書き取って、
順番入れ替えて、書き上げました!

ええ、言いましょう、私が!!!

私も子供の頃、読書感想文をどうやって
何を書いたらいいのかサッパリ分からず
とても困ったことを覚えています。

今は書き方の本とか出てて、いいですよね。


読書感想文の応募用紙にね、
書くにあたって参考にした本やサイトを書く欄があるの!
c0010831_17440045.jpg


この応募用紙も曲者だった。
本の縦のサイズとか、価格とか書かせて
なんのためなんだろう?
出版社と作者と本のタイトルだけじゃ
なぜダメなのか。
色々な出版社から、様々なサイズで出てる本があるからかな?
だったらバーコードの番号でも書かせたら、
特定できるのになぁ。

なんて思いながら、3回も書き直した
間抜けなお母さんなのでした。
[PR]
by kobutadebubu | 2017-08-22 17:42 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

脳みそが沸騰した夜

8月21日(月)は、池袋で飲み会があったので、いそいそと行ってまいりました。



初めてお会いする方ばかりの中、
前日に『学び合い』の会でお会いしたけど、お話しできなかった方が!!!
これは、つながれという指令?!


この日参加されていた方々は、すごいメンバーで
もう、話についていくので精一杯。
理解まで至らない(^^;
メモを手にしておいてよかった(笑
帰りの電車で、検索、検索、検索!



色々世の中が変わりそうです。
学校も例外ではないということを実感した
濃い3時間でした。



この機会に、感謝です。
この「まずいぞ、やばいぞ、変えないとホント大変なんだって」
っという感覚を忘れずに、学校で働いていきます!!!



ありがとうございました。


[PR]
by kobutadebubu | 2017-08-22 17:35 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

脳みそが沸騰した日

8月20日(日)は、厚木で行われた、神奈川『学び合い』の会に参加しました。


午前は実践者の先生方を中心に、どうやってやっているかなどを
『学び合い』で自ら解決していきました。
教員以外の方の参加もとても多かったです。
雨野千晴さんのアナウンス力の大きさを改めて実感。
すごいなぁ!


『学び合い』の本の執筆にもかかわった先生から、

続けるコツややっていて感動したこと、

どうしたらよいかなども伺えたり、

おすすめの本を教えてくださったり、

挙句「これ、何冊も持っているからあげるよ」って。


!!!!


遠慮なくいただいちゃいました♪
名刺もいただいて、連絡先もGET!
困ったときに頼れる方がいる心強さったらないですよ!




午後は、雨野千晴さん主催の『学び合い』の模擬授業。
参加者の方に『学び合い』を体験していただくために
6年生の算数の問題を使って授業をしてくださいました。

教員をはじめ、保護者の方、別の仕事をされているけど関心があって…と

40名弱の方がいらっしゃいました。

お子さん連れの方もいましたよ。


私、受付してて、問題を解くのが遅くなって
あんまり多くの方とかかわったり、

様子が見られなかったんですが、

とても良かったようです。


参加者の方に完全ではないものの、

『学び合い』ってこういう風な授業なんだということが伝わったようです。


授業を始める前に「アイスブレイク」で

《口に2画書き足してできる漢字》をみんなで取組み、

場がものすごく盛り上がったのも、

この『学び合い』がうまくいった秘訣かな、と思いました。


さすが、現役の先生は引き出しが多彩。
勉強になりました。



模擬授業の後は、フリータイム。

自分の聞きたい事、疑問などを解決する時間でした。



保育園や幼稚園で『学び合い』、なんて話も合って
どうするんだ?と思ったけど、
どちらかっていうと保育園や幼稚園の活動方法自体が
『学び合い』に近いんじゃないか?!って話しながら思ったり、


発達障害グレーゾーンのお子さんと親御さんにお困りの保育園の園長先生に、

アドバイスなんだか押し付けなんだかわからない話をしてしまってやや反省したり、


当日「誰か受付やってくれる人~」って言われたので
「は~い!」と答えて、受付やって、そこそこできたんじゃないの?!なんて思ったり(自画自賛~♪)

とても濃い活動内容に、くたくたでした。




帰ってから、皆さんの感想を読んで
「子ども達も『学び合い』の授業で、この”クタクタ”を味わっているんだ」ということを実感。
そうか、だからいやだっていう子もいるんだ!といまさらながらに腑に落ちたのでした。


この日に得た情報の多いこと。
調べて読みたい本が増えちゃって(笑
魅惑の積ん読がさらに高さを増すことになりそうです。

次は11月開催。

それまでに、

私も担任の子ども達と一緒に『学び合い』をして、

その中で得られたものをもって参加したいなぁ、と思ってます。



『学び合い』(二重かっこの学び合い)については、

などをご覧いただくとわかるかな?
西川純先生のHPにもいろいろ書いてあります。
興味のある方はぜひ!


[PR]
by kobutadebubu | 2017-08-22 17:33 | 小学校 | Trackback | Comments(2)

疲れが取れない

夫に息子をお願いして、セミナー参加。
c0010831_09395104.jpg


これを取り入れられたら、
担当してる子の発達に良い影響があるんじゃないか?!と思い、
本で読むより実践してくれたら私も再現できる!
と参加を決定。

でもね、身体が疲れてるー。
寝てるのに疲れが取れないー。

って事で、電車の中ではこんな本を読んできましたヨ。
c0010831_09395274.jpg



[PR]
by kobutadebubu | 2017-08-06 09:38 | 小学校 | Trackback | Comments(0)


今日はこちらのセミナーに参加してきました。
子どもどうしをつなぐコミュニケーションの形成と安心できる集団づくり
-個別のニーズに応じた指導支援を進めるために-


講師は大阪大谷大学教育学部 教授の小田先生。

もともと特別支援学校に勤められていたので、現場をよく知ってらっしゃる。
そして、関西弁なので私のモチベーションがあがる(笑
もう、あのイントネーションはそれだけでワクワクさせてくれます。

近くの方と、体を使ったワークや簡単なグループ活動もあり
交流がありました。

体を使ったワークをすると距離が縮まりますね。
クラスでやると雰囲気が変わるかも、と思いました。

そこで話をさせていただいた先生から、有益な情報をGET!
しかも、私がそれについて話していないのに
私が「あったらいいな」と思う本のことを教えてくれ
鳥肌が立つほど、びっくりしましたが、嬉しかったです。


集中力が長く持たないことをよく知ってらっしゃる先生は、

20分ごとぐらいに簡単な障害疑似体験をさせてくれました。

かくし絵だったり(↓これもでてきました。すぐにわかりましたか?)



雑音で聞き取りにくい音声の聞き取り=聞こえに困難さを感じる子の聞こえ方だったり、

「よーく見ててよ、よーく見てよ!」と言って動画を見せ、

その後一部の画像の特徴を聞き出すと答えられない=指示の出し方のコツだったり、

「木の絵があります。木の本数を数えてください。ただし、計算問題がでてきたら、声に出して答えてください。」

=授業のめあてがわかりにくくて、子ども達が学習に取り組めないことの体験だったり、

もー、学校の先生たちにもやってほしい!と思う疑似体験でした。

こんな風にわからないんだ、わからないまま進んでしまう不安、残念感。

これを感じている子は、クラスにどれだけいるだろう。

わからないままにさせちゃだめだ、と改めて思いました。


肩の緊張をとるワークでは、見本となり、

小田先生に皆さんの前で肩こりでガッチガチの肩を
ぐりぐりとスムーズに回せるほど、滑らかにしていただきました。
すごかったです。
これは、日常的にやると緊張をほぐしイライラしにくくし、
パニックに陥ることを防げるようです。

まずは、主人とハルトモで実践してみます。


他にも明日から使える、人に話したくなる、充実した内容のセミナーでした。

特別支援に携わる方が多かったですが、普通級の先生方にこそ聞いてほしい内容でした。


教員採用試験の面接や模擬授業にもうまいこと今日の内容のエッセンスを取り入れて行きたいと思っています。
もちろん、2学期からの授業でも!



小田先生、ありがとうございました。


また、どこかで先生の講義を受けたいと思います!






ちょっと関係ないかもしれないんだけれど
[PR]
by kobutadebubu | 2017-07-29 22:08 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

採用試験

教員採用試験、第一次試験終了。


答え合わせしましたが…(^^;
もー、分からなかった~。


論文は明確な答えがわからなくて、準備していたものを改変して最後まで書き切りました。
最後の行まで書くと10点もらえるって情報がったので、
最低でも10点!と(^^;


2週間後には発表。
はてさて、どうなるか…。





想像していたよりも、受験者数が多く驚きました。

会場だった大学から駅まで、受験生で歩道が埋め尽くされました。

(駅そばの大学でしたが)




県職員の方も休日出勤。
手当はどれぐらいだろうか。
学校を借りるのに、どれぐらいの費用がかかるのか、
なんてことが気になっちゃいました。
受験料とられると思ったら、とらないんですね。
6千円ぐらいとられるんじゃないかと覚悟してたんですけど。

お金かけての大事業だな、と。


そして、99%白シャツに黒のボトム。
就職活動スタイルですね。
そうでない方は、すでに働いてらっしゃる方とか
年齢を重ねている方が多かったです。
かくいう私もその一人。
白のシフォン系トップスに、ブルー系のスカートで行きましたから。
受験会場で県職員と間違われて、問い合わせされました
(笑
年も職員の方と同世代ですしね。


緊張して昨日の夜から胃が痛いです。

いまだに痛い…。

早く治ってくれ~。


とにもかくにも、いい経験でした。



[PR]
by kobutadebubu | 2017-07-09 23:34 | 小学校 | Trackback | Comments(2)

上記のお話。

今、支援級の担任をしている私の心の拠り所です。

7歳、8歳になるけど、
実際の精神年齢は4歳、5歳。

5歳の幼稚園児が、
自分以外小学生という教室で過ごす
怖さ、不安さ、ついていけない感じ。
そりゃそうだよね。
厳しいよね!


身体はしっかりしていて、
体重もうちの息子の1.5倍ぐらいあるし、
身長もクラスで大きいほうだけど、
心は5歳。


担任が変わって、不安に思ってるこの子に
なんとか「私は怖くないよ」と伝えたくて
抱っこやおんぶでスキンシップを図っています。
支援級から教室までの移動の階段だけ、おんぶとか、いつもと違う行動の時はおんぶ、とか。
(体幹が弱く、疲れやすいので、とにかく動くのを面倒臭がり、すぐに横になろうとする)



「それはちょっと違う」と言われるかもしれない。

でも、幼稚園や保育園では、やはり不安や泣いていまう子には、抱っこしてトントンして、大丈夫だよを伝えるから。

昨日もその子をおんぶして、校舎の一階から3階まで、階段の昇り降り。
ウエイトトレーニングだと思って、頑張りました!
階段を下りる時に気を使いました。

途中見かけた先生がたに「無理しないで!腰を悪くするわよ」とお声がけいただきながら。
腰には細心の注意を払って。
(おんぶしている間は、できるだけお尻の穴に力を入れて
 インナーマッスルに力を入れて腰を中から支えるようにしてみてます。)


でも、そうして「その子の心が落ち着いた状態で」

できるだけクラスの子ども達との「一緒の時間」を過ごすことが、

「学校」で出来る事だと思うから。


いずれは、抱っこもおんぶもなくても
私は怖い人ではないし、
クラスのみんなも怖くはない。
やってることはちょっと分からないけど、
ここにいるのも悪くないな、
と思ってもらえたら、最高です。



その為に、帰ってきてから
腰のストレッチは欠かせません(^^;

このストレッチやってから、ぴきっとなりそうな腰も
翌日には回復しています。

腰痛の方におすすめですよ(^^



[PR]
by kobutadebubu | 2017-05-13 23:25 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

思えば、叶った!

昼休み。
5校時目に使うワークシートを作ろうと、
PCに向かっていたら

「こぶた先生、〇〇小学校のF先生から電話です」

ぬわ~!ハルトモの担任やん!
37.7度の発熱。

お迎えに来てくださいって。

早退させていただくことを教頭先生に告げ、
担当クラスの先生にもお詫びをし、
ハルトモの学校に迎えに行く旨折り返し連絡。

転職して初。

朝から頭痛いって言って、
学校行く前、電話かけてきて、
「午後はお仕事しないで帰ってきて~」って
泣いていたハルトモ。

…。

ハルトモの願い、叶えられたり!

いや、私もきっと休みたいと思っていたのかも。


なんてことを考えて、駅へ。


雪だし、無理だよね~、
でも万が一ってこともあるし!
とダメもとでタクシー乗り場へ。

私がタクシー乗り場についたら、
タクシーが来ましたよ!
「寒い中お待たせしました」って運転手さん。
これっぽっちも待ってません(笑

ハルトモの願いをかなえるために、
大いなる力が全力で応援してます(^^;

無事、雪の中を歩かせることなく
タクシーで家に帰ってこられました。

タクシー降りたら、 ハルトモが
「ママ、授業あったんでしょう? 
ごめんね。 
それと迎えに来てくれて、ありがとう」


びっくり。


いつからそんなことが言えるようになったんでしょう。
驚いて、次の言葉が出てきませんでした。


ハルトモもほっとしたのか、
家で熱を測ったら36.7度。

明日は学校、行けそうです。
[PR]
by kobutadebubu | 2016-11-24 19:32 | 小学校 | Trackback | Comments(0)