カテゴリ:お出かけ( 81 )

次に市街地に戻って札幌でらーめん。
麺工房 千寿
c0010831_20142434.jpg

「味そ」です。
実は藻岩山で生理になったことに気がついて、病は気から。
ぐわ~っと体調がだるくなってきていて
「らーめんもガイドブックに載っていたやつだし、食べ切れなかったら
オットに食べてもらおう」ってかんがえていたんです。
したっけ、もううめぇ!
最初に口に入れたスープ。
ここで私決めました。
「スープは何が何でも飲み干してかえる」と。
にんにくが効いている!
オットは「あんなににんにく入れなくてもいいんじゃない?」って言っていたけれど
私はあってよかったなぁ~。
にんにくっぽさはあんまり感じられず、スパイシーという印象。
おいしくいただけました。
本当においしかったです。
「ご馳走様~」しか言ってこれませんでしたが、
「凄くおいしかったです」って言ってきたかった。

また食べたい味です。


次に向かうはノーザンホースパーク
本当は社台スタリオンステーションにいってディープインパクトをその目でみたかったのですが
牧場は14時までに行かないとダメだそうで。
(仮眠を取るんですって、朝が早いから)
14時までにはいけなかったから、そちらは諦めて、
でも新千歳空港のそばで時間調整もつけやすいだろうということでホースパークへ。
高速に乗ってきたのですが、私は生理から来るダルさで
社長を抱きつつ思いっきり爆睡!
気がついたらホースパークでした(^^;
c0010831_20304284.jpg

これはフサイチペガサスの像です。
女の子3人組も
「これとっておいたほうがいい?!」
「撮っておいたほうがいいって!」って写メしていました。


c0010831_20305369.jpg

これは吉田善哉さん。
サンデーサイレンスを買い付け、日本の競馬界にセンセーショナルを巻き起こした人。

c0010831_2031514.jpg
c0010831_20311658.jpg
c0010831_20312789.jpg

この脇にあるホースギャラリーでオットが動けなくなりました(^^;
ディープインパクトのレースをテレビで流していたのです。
もうおっさん達が腕組んで見てる見てる。
私も吉田氏の功績、サンデーサイレンスの展示、ディープの展示を見た後
じっくり見ちゃいました。
いや~、いいねぇ。
「DVD買う?」
「買ったら他のも買いたくなるよ!」
でもやっぱり見たいなぁ。
すっかりディープに見せられて、となりのクラブハウスで
ディープインパクトのポストカードセットを購入。
家に飾るんだ!
本当は勝負服も欲しかったんだけど、12600円はレプリカにしては高すぎる(>_<
断念。
c0010831_20313833.jpg
c0010831_20314788.jpg
c0010831_20315684.jpg

帰り際に撮った写真。
ああ、次は引き馬でお馬さんに乗るんだ!
厩舎も見学に行くんだ!
あああああ~。


そして千歳空港。
千歳空港で生キャラメルの他の味を買おうと思ったら甘かった。
どこいっても完売。
直営店でも完売。
だよね、だよね、そうだよね~。

最後にビール飲んで、アデュー北海道!
帰ってまいりました。
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 20:46 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
ホテルを11時に出ればよいので、ちょっと早めに起きて
旧道庁
c0010831_19245295.jpg

c0010831_19253991.jpg

c0010831_1926286.jpg



時計台
c0010831_1929876.jpg
c0010831_19294212.jpg
c0010831_19295340.jpg
c0010831_1930478.jpg

時計台のあゆみ

時計台、正式名称は「旧札幌農学校演武場」
時計台の愛称で全国に知られている札幌市時計台は、1878(明治11)年に札幌農学校の演武場として建設されました。札幌農学校は、北海道大学の前身で近代技術を導入し北海道開拓の指導者を養成する目的で開校しました。時計台は、農学校生徒の兵式訓練や心身を鍛える体育の授業に使う目的で建設され「演武場」と呼ばれました。

c0010831_19301318.jpg

外の時計台と同じ構造。
針は確か初代の針?
とても古い針だから触らないで下さいとありました。
c0010831_19302113.jpg

もっと大きな建物を想像していたのですが、今の街の中だとこんな感じ。

体育館だったとは…。
予想外でした、時計台。

テレビ塔
c0010831_19352935.jpg

展望台もありましたが、オットに却下されました。
ちぇ。

ホテルを出て、昨日クーポンを使おうと着てみたら定休日で
「またかよ!ちゃんと定休日確認しろよ(怒」とオットを若干怒らせてしまったスィーツのお店へ。
c0010831_19374819.jpg

Chocolatier masale.
ショコラティエ マサールです。
もうね、ちょっとね、体調が悪くなってきています。
ケーキの向きすら逆に写真を撮っている…(>_<)
おいしかった!!!!
しっかり、濃厚、でも甘すぎない。
上品なケーキでした。
ここもねぇ、チョコレートが繊細でおいしそう。
冬だったら間違いなくお土産に買っていっていました。
ああ、ここもご近所に欲しいよ~。

次にパワースポット(オットにまたかよ、との突っ込みをされる
北海道神宮
c0010831_1944473.jpg

この写真で満足しようと思っていたらオットがセッティングを始め
c0010831_19453657.jpg

ま~、かわいらしいいい写真!(自画自賛~♪
ここでは工事をしていて、人通りがあったのですが
撮影していたら待ってくれたりして。
ご迷惑をおかけいたしました(u_u;
天気もよく、清清しく参拝。
その後、境内を散策。
オットが
「お前がパワースポットとか言い出して、参拝をよくするようになったけど
 気のせいかもしれないけれど、世間と隔離されて
 なんだか“憑いているものが落とされていく”感じがする」
おおお、効果をなんとなく実感しているのですね!
私は…(^^;
森林の中にあるからその気持ちよい空気を吸って
参拝し、
願いをいう段階になって自分のやりたいことと向き合ったりして。
おみくじは今の自分の状態を表しているということでひいては大吉で有頂天になり、
(北海道神宮で久々の中吉でした)
うほうほ言ってはいましたが、
そんな風には思ったことはなかったなぁ。
人それぞれで、面白いですね。

どんぐりがたくさん落ちていて、なんだか拾って集めて帰りたい衝動をぐっとこらえて散歩。
境内のマップを見ると
北限の杉林がありました。
この杉林からは、いい香りがしていたことを思い出しましたよ。

続いて藻岩山へ。
本当は夜に来て夜景も観てみたかったけれど
c0010831_19591320.jpg

社長の目の脇の緑の先(左側)にある銀色に輝くのが北海道ドームです。
本当は日程を逆にして初日に札幌に来て日ハム戦をドームで見るか?!ッて案もありましたが
今回は止めました。
次は見たいなぁ。
楽天戦がいいなぁ。
マー君とダルビッシュとかで♪
c0010831_19592766.jpg
c0010831_19593997.jpg
c0010831_19595136.jpg

これを撮り終わったら、登山をしていらした年配の女性に
「これ自分で作ったの?!」と驚かれました。
「編み図を見ながらなんで、自分で創作したわけではないんですが(^^;」と
ちょっとお話。
ものすごく驚いた顔で「ま~、器用ねぇ~!」といっていただきました。
c0010831_200120.jpg
c0010831_2001041.jpg
c0010831_2002398.jpg
c0010831_2003645.jpg

写真は東→北→西→南の順に一周しましたよ。
街が綺麗に見えますね。
c0010831_2004758.jpg

藻岩山のゆるきゃら、モーリスです。
一応リスらしいです。
ライバル登場!ということで社長、記念に写真を撮りました。
c0010831_2025040.jpg

社長も日向ぼっこです。
天気が良くて、登山をされてここまで上ってきた方も多く
トレッキングシューズをはいた年配の人も多くいました。
その方たちが食べているおにぎりがおいしそうでねぇ!

お腹を空かせて次へむかったのでした。
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 20:22 | お出かけ | Trackback | Comments(4)
札幌周辺にたどり着き、オット念願の北海道本部(あれ?総本部だっけ?)に
店舗登録をし、
(なんにがなんだか?分からない?
 麻雀格闘倶楽部を知っている人に詳しくはお尋ねください)
ホテルへ。

ホテルサンルートニュー札幌
ビジネスホテルですが、きれいでした。

ここ2~3年、頻度よく旅行に行くようになって気がついたのですが
私は浴衣とか、ホテル旅館のパリパリのシーツがダメ。
眠れないです(^^;
去年の福岡では、バスタオルを肩口にかけて何とか眠りました。
で、今回はオットが着る予定だったTシャツとスパッツで寝ることに。
そうしたら疲れもあったのでしょけれど、さほど苦労なく眠れました。
肌触りが柔らかいものでないとダメなようです…。
めんどくさいわ、自分。

で、私が来てしまったのでオットが最終日に着る服がなくなりまして(^^;
札幌パルコがホテルの近くだったので買いに出かけました。
閉店間際に、名札を見せて社販をしていただきました。
「どちらのお店ですか?」と声もかけていただいて。
「あ、○○川です」
「旅行ですか?」
「はい」
なんてちょっとお話。
閉店間際だったので、お忙しい中ホント申し訳ない。
ありがとうゴザイマス、●印○品札幌パルコの池○さん(確か)

明日着る服もGETして、向かうはジンギスカン!
旅行ガイドブックにでていた
夜空のジンギスカンへ。
でも大人気!
「2時間後になりますが…」
オットはおなかペッコペコ。
やむを得ずその下の姉妹店
夜空の味漬けジンギスカンへ。
c0010831_16113100.jpg
c0010831_1612431.jpg

オーストラリア産マトン、ラム
日高産エゾジカ
塩もみジンギスカンを頂きました。
マトン、ラムは確かに臭みがありましたが
「肉」のニオイで生臭いとかという感じではなく
大変おいしく頂きました。
ご飯が進んだよ!
ちょっとホルジンを食べなかったことを後悔しています。

残念だったのは、宴会を2テーブルでしていて、非常に賑やかだったこと(^^;
オットとの会話が弾まない…。
聞こえないんだもん。

それと今確認したら
ホットペッパーに掲載されてた~
ケータイで確認したのになぁ…。

ま、そんなこともあるさ。

次に来る時は、事前にチェックするぞ!
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 16:05 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
c0010831_15251980.jpg

レッサーパンダです。
c0010831_15255186.jpg

どうやら寝ていた模様。
かわいいわ~。
毛がふっさふさ。
これは人気が出るわ。
立てばなお更だよね!
なんて話をしていたら、一匹が起きまして。
木を上り、上のほうでプリプリプリっと用を足し(笑
c0010831_15272799.jpg

橋を渡っていました。
c0010831_15275457.jpg
c0010831_1528696.jpg

周辺にいた人たちの会話から、どうもいつも寝ている姿しか見られないようです。
動いている、しかも橋を渡っている様子を見られたのは
かなりラッキーだったようです。

ふくろうたち。
c0010831_1529150.jpg

c0010831_1531502.jpg
c0010831_1532140.jpg

アイラインがしっかりしているからか、目力感じます。
このふくろうたちを撮っていて、網があるのでオートフォーカスが思うように操作できず
むきーーーーーー!
デジ一が欲しくなった瞬間でした。
あ、フィルムでもいいんですけど。
一眼レフカメラ、欲しいなぁ…。

楽しかったけれど、人が多すぎて全くゆっくり見られなかった。
まあ、次へむかうという旅行者の悲しい性でもあります。
動物達をぼーっと気が済むまで眺めたい!
オットに
「帰ったら上野動物園へ行こう!多摩動物園でも可!」と
宣言してしまいました。


一周したので、最後に
c0010831_1535688.jpg

c0010831_1534362.jpg

かぴぱらさんにさようならをして
c0010831_15352699.jpg

東門まえのモニュメントで記念撮影。
c0010831_15354548.jpg

c0010831_1536654.jpg

朝も撮ったけど、もう一度旭川の眺望を皆で撮って
札幌へとむかいました。




c0010831_15372944.jpg

有料道路を使ってみました。
高速からの眺めはほぼこんな感じ。
c0010831_15383717.jpg

見えるでしょうか?
飛行機雲がすーっと一本。
飛行機が進めば進むほど伸びていって、それをボーっと見ていました。

それにしてもレンタカーが多いこと!
この旅行での印象は
「わナンバーのVITSは走り屋」
だって凄いかっ飛ばしていくんですよ!!!!
オットだって80~100km/hで走っているにもかかわらず、
ヒュ~ンと抜いてどんどん離れていく君達は
一体何キロで走っているんだ~!!!!!!

「ワビッツ(わナンバーのvits)」
オットの口癖になっていました。
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 15:41 | お出かけ | Trackback | Comments(6)
c0010831_158660.jpg
c0010831_1582093.jpg

ペンギ~ン。
本当は冬に来て、お散歩タイムをご一緒したかった!
c0010831_1591423.jpg
c0010831_1592770.jpg
c0010831_1593542.jpg

動きを見ているだけで楽しい。
c0010831_15101229.jpg

奥にヒナがいて、多分毛が生え変わっているようです。

c0010831_1510577.jpg

ポーズをとっていたので、パシャ。

c0010831_15114373.jpg
c0010831_15115734.jpg

お昼~。
さすが北海道。
ホテルの朝食ででていたコロッケやポテトでも感じましたが
じゃが芋がうめぇ!
甘いんですよ。
食べなれている味なんですが
(らでぃっしゅでくるじゃがいもはこんな感じ)
なかなか外でこういう味を食べたことがなく、オットとちょっと感動。
もう一つは唐揚げジンギスカンBOX。
下にご飯が入っています。

c0010831_15142820.jpg

正門前のモニュメントで記念撮影。
これを撮っていたら通りすがりの男性に
「あれ(社長たちのこと)、備え付け?」って(笑
「違いま~す(^^)私が作りました~」と言い残し、去りました。

社長を入れるための大きなバックも持っていたんですが、
入れるのも面倒になってくると子どもを抱きかかえるようにしていたので
周りから好奇の目が(笑
オットは時々その視線に耐えられなかったようですが
私は気にせず抱いていました(^皿^

c0010831_15173363.jpg
c0010831_15174558.jpg

あざらしです。
私はこれを見たかったの!
でもフラッシュ撮影してしまっている人がいて、
あざらしはフラッシュを嫌がって、警戒してなかなか来てくれませんでした。
頭がいいのですね。
c0010831_15175853.jpg

目の前で。

ほっきょくぐま館です。
c0010831_15194080.jpg

大人気。
人人人の先にくまさんです。
c0010831_15195214.jpg

こちらも非常に気持ちよさげに寝ています。
c0010831_15205026.jpg

この熊さんは、野生で生まれ育っていたんですって。
だからかな。
ぐったりしていましたが、目力が非常に強力でした。
c0010831_15215936.jpg

外から同じ熊さん。
c0010831_15222464.jpg

「大変ですね。同じ癒しを与える立場として、彼らのことがちょっと心配デス」と社長。
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 15:24 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
恥ずかしい記念撮影をして、ホテルをでて向かうは上川神社
c0010831_14255123.jpg

パワースポットなんですってよ。
c0010831_1425032.jpg

旅行に行き、旅先にスポットがある場合には行ってみています。
c0010831_14251639.jpg

小学生達が写生をしていました。
皆思い思いに描いていて面白かったですね。
中には定規を使って線を引いている子がいて。
「あ~、あのこは融通が利かない子だなぁ」な~んて
勝手にプロファイルしちゃいました(^^

次はデジカメのSDカードの容量が少なく、撮れる写真が後わずかになったので
旭川駅周辺の家電量販店で購入。
するも、うちのデジカメ古すぎて非対応機種になってる~(;-;)
1GBとか2GBとかなのね、世間は。
うちはまだMB~っ。
奥から出していただいて、事なきを得ました。
当時は一万円近くしていたSDカードが1980円で買えちゃった…。
時代の変遷をこんなところでも痛感しました。

で、やってきましたよ、日本最北の動物園旭山動物園
c0010831_14292641.jpg

新東門を入ってすぐの眺望です。

まずは
c0010831_14301194.jpg

くもざる・かぴぱら館。
c0010831_14313446.jpg

行動範囲が違うから、共存していけるんですね。
ゆったりしたカピパラさんに癒されます。

隣には
c0010831_14322087.jpg

きりんさん~。
この後器用に座っていました。
長い脚を難しく折ってました(^^;

次は
c0010831_14333120.jpg

ちんぱんじー館。
上手いこと出来てますなぁ。
室内と室外に行く時間を変えたり、
室内でもかなり運動できるようになっているんですが、
公園の遊具のように綺麗に色が塗られていて
チンパンジーも飽きないだろうし、見ていても面白かったです。

c0010831_1436046.jpg

さる舎でみた親子(?)のさる。
子どものすることを見守るような姿がよかった。

シロテナガザルです。
c0010831_14403495.jpg

c0010831_1441898.jpg
c0010831_14411923.jpg

社長が見ていたらどんどん近寄ってきました。
あら。
社長が珍しかったカシラ?
それにしてもこのお猿さん
c0010831_1442721.jpg

なかなか凛々しく、くりくりの瞳。
かっこええわ~としばらくぼ~っと見てしまいました。

たまたまおらんうーたん館の脇を通ったら、どうやらこれからもぐもぐタイムの模様。
しばらく様子を見ていましたところ
c0010831_14452363.jpg
c0010831_1445337.jpg
c0010831_14454583.jpg
c0010831_1446746.jpg

このオスのジャックさん。
かなり慎重派の方らしく、危なくないようにしっかりつかんで渡っています。
ウンテイで遊ぶ時のように腕だけで渡るオランウータンもいますが、
性格が出るんですって~。
面白いですね。

つぎはこの夏にオープンしたおおかみ館。
c0010831_14483658.jpg
c0010831_14484759.jpg

みなさん暑くってぐったり(^^;
初めて(多分)狼を見ました。
犬の祖先ということで、似ていると思いましたが
似て非なるものですね。
当たり前か。

人間とかかわりを持ってこなかった威厳のようなものを狼には感じます。
(動物園の板に書いてあったことまんま(^^;)

c0010831_1452262.jpg

タンチョウです。

c0010831_1453844.jpg
c0010831_1453209.jpg

黒豹。
篠原千絵さんの闇のパープル・アイが大好きで。
篠原さんが描くネコ科の動物達のしなやかさが好きでした。
本当はも~っとじっくりみてスケッチとかしたかったくらい。

ああ、猫飼いたい…。

次は
c0010831_153212.jpg

ライオン。
多分夫婦?
メスのライオンがやおら起きたかと思うと、側にいたオスらいおんと
KISS(というか、お互いになめあっていた)をして、再び眠りについていました。
なんだか見せ付けられたというか、いい関係だなぁ~とほのぼのしましたよ。

c0010831_1553520.jpg

虎です。
寝ています。
寝ている姿は、愛らしいですね(^^
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-17 15:06 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
富田ファームを出て、バケーションパスを使おうと
スイーツをもらえるお店に行くと、な、なんと「定休日」(>_<)

きゃーーーーーー。

がっかりしつつも、バケーションパスを使える次のお店、富良野らーめん 花道へ。

c0010831_23351342.jpg

味噌ととりしおをオーダー。
どちらもおいしかったのですが、鶏LOVEな私としては
とりしおがおいしかったです!

期待せず入ったお店ですが、おいしかった♪

続きまして、美瑛町へ。
c0010831_23374095.jpg

ケンメリの木


多分このシリーズのCMだと思うんですけどねぇ。
私はちょっと見つけられませんでした。
でも、この当時の車もカッコいいですね~。
うちは私がBABYの頃(このCMと同じくらい)
日産のサニーに乗っていたのですが、
幼い記憶に残るサニーもこんな形をしておりました。
好きな車です。

c0010831_23375029.jpg

セブンスターの木。

c0010831_23525669.jpg

親子の木。


本当はマイルドセブンの丘というのもあったのですが、私のお腹が急降下をしまして(^^;
それどころではなくなり、トイレ休憩。

c0010831_23534572.jpg

そこで食べたとうもろこしとガラナ。
ガラナは北海道で主に売っている清涼飲料水。
ドクターペッパーに似ています。

これもガラナ。
この飲料のガラナを思ってタイトルをつけたと確かいっていた気がします。
だから多分、途中に炭酸を思わせる赤い丸がバックに流れますよね(^^

とうもろこしは、道中なんどもみた熟れたとうもろこしをみて食べたい~!!!!!と。

念願かなって満足満足♪

で、宿へとむかいます。
ホテル大雪
結構な距離がありましてね。
美瑛町あたりは快晴だったんですが、層雲峡に近づくにつれだんだん入道雲の下に行く感じ。

途中でやはり降って来ました!
本降りです!

でも、農道を走っている最中にビシバシとんぼや蝶が当たりまくって汚れたボデーを
洗い流すには丁度いい雨?!

気温もぐっと下がりました。

着くとかなりにぎわっている様子。
聞けば満室とか。
「この時期は観光の時期じゃないと思っていました」と私が言うと
「9月は紅葉の時期なので、今月はもう満室です」って!
そっか~!

c0010831_022246.jpg
c0010831_023590.jpg
c0010831_025164.jpg
c0010831_031410.jpg
c0010831_032520.jpg
c0010831_035182.jpg

これまた品数豊富でボリューミィな夕食を頂いて、部屋でコナンを見て
お腹を落ち着かせて温泉へ。

ここは3つ温泉の場所があるので全部回ってスタンプラリーをすると粗品がもらえるらしいですよ。
やりませんでしたけど(^^;

この日は地下と、真ん中の露天風呂へ。
地下は30度のぬるま湯があって、交互に入るといい感じになっていました。
んが、小学生4人組がプールにしてしまって全く入れない。
お母さんも「泳ぐんじゃないよ」って声をかけるも効果なし。
叱ろうかと思ったけど、面倒だから黙っていたら
全く見知らぬ50~60代の女性が
「他の人の迷惑になるからやめなさい!」と一喝。
おおお!すばらしい。
と同時に、いえなかった自分が恥ずかしかった。

真ん中(3階)露天風呂に行くと幸いにも私だけ♪
いや~、ラッキー♪
でもそこへ、男の子を連れた女性が。

「人がいないから、泳いでもいいよ」

え?!アタシいるけど?!

「他の人の迷惑にならないようにね」

えええ?ダメだよね?
人がいなくても、お風呂で泳いじゃダメだよ?!

そりゃね、アタシだって人がいなかったらこっそり泳ぐけど
子どもには他の人がいたら「泳ぐ場所じゃありません」って叱るかな。
まあ、だ~れもいなかったら「絶対内緒だからね!」っていって
こっそり泳がせる…な(^^;
あれ?変わらない?!

ここでもまた、モヤモヤした気持ちになってしまったのでした…。

でも気持ちはよかったです。
山なので気温が低く、足だけ浸かったり、全身浸かったりして
堪能いたしました。



c0010831_028371.jpg
c0010831_0281531.jpg

翌朝、最上階の露天風呂へ。
ここのホテルにしたのはこの露天風呂が決めてでした。
これはちょっと下の階の朝食を食べた部屋からの眺望ですがほぼこんな感じ。
涼しい空気の中、木々の香りがすがすがしい。
山を渡る雲が、龍のようにも見えました。
そんな中での温泉は最高でした!


チェックアウトをして、オットがどうしてもしたかったお遊び。
c0010831_0304881.jpg

c0010831_031271.jpg

ホテルのスタッフの方からのやや冷ややかな目を感じつつ
そそくさと撮影をして出てきたのでした。

今私たち夫婦のケータイの待ち受け画面は、熊に食われるケロです(^^;
お気に入りです(笑
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-14 00:13 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
昨日とはうってかわって、晴れ渡った朝!

カーナビに富田ファームを目的地登録すると125km(笑
あはははは、遠い!

でも、まあ60km/hで走って2時間だ!

出発進行!

距離優先を選んで走っているので、裏道裏道というなの農道。
広い!
でも対向車がいない!
気持ちいい~!!!!!!


あまりに綺麗なとうもろこし畑が続き、ぷりぷりになっているとうもろこしにうっとり。
写真に収めました。
c0010831_2335661.jpg

c0010831_0362427.jpg



そして、これまた金色に光り輝く稲穂たち。
c0010831_235479.jpg

気になって撮影。
c0010831_2395241.jpg

c0010831_231084.jpg

手塩にかけてここまで育てて、台風とかゲリラ雷雨とかで水浸しになったら
もう言葉はないだろうなぁ…。
ここのところの気象状況を思いながら、頭をたれる稲穂を見つめました。

途中、私も運転を代わりました。
どきどきしながらマーチを運転。
いや~、爽快!
でも、時々交通法規を忘れそうになって危うい。
北海道で交通事故が多いのも納得ですよ。
だって、スピードでちゃいますもの。
北海道で起こる事故で道外の観光客の割合を知りたいと思いました。
気をつけないとね。

私が運転するとどうしてもスピードが落ちて、到着時間が遅れるので
オットに代わってもらって運転。

富良野に行く途中に狩勝峠という峠がありました。
c0010831_0364072.jpg

c0010831_23142345.jpg
c0010831_23143769.jpg

トイレ休憩も兼ねて立ち寄ると、なんと美しい眺望。
予想外の素敵な場所に心洗われ、富良野へ。

富良野は、富田ファームへ到着です。
c0010831_23175245.jpg
c0010831_2318823.jpg

HPでラベンダーが咲き終わっていることは知っていましたが、こうもないと寂しいですね(^^;
この後ろの畑は、一時期ラベンダーでは事業が立ち行かなくなって
トラクターでつぶそうと思ったけれど、やはりつぶせなかったラベンダー畑だそうです。
ちょっと涙が出そうになりました。

これを撮影していたら、「ねこ、かわいい」の声。
3~4歳の男の子があみねこをかわいいといってくれたのです。
(^^
もしよかったら写真、撮って欲しいなぁ~と思って
「写真撮る?」と聞くと、こくり。
私があんまり近くにいると、恥ずかしがってこないので
ちょっと離れた場所から私も撮影。
c0010831_23214997.jpg

少年が思い切り笑顔なのがとても嬉しかったです。

c0010831_2322199.jpg

c0010831_23223964.jpg

c0010831_23233475.jpg
c0010831_23234330.jpg

これらを撮影していると後ろから「かわいい~」といって
明らかに社長と常務を撮影している様子。
中には中国語?台北語?も聞こえます。
常務、世界デビュー?!
やはり何か降りてきているのですね。
そんな中、常務の耳に
c0010831_23245632.jpg

トンボが止まりましたよ!!!!


c0010831_23253058.jpg
c0010831_23254161.jpg

咲いている花はサルビア。
サルビアといえば赤しかないと思っていたのですが、紫などもあるんですね~。
綺麗な花畑を見れてちょっと感激。

折角きたので、食べておかないとね♪
c0010831_23263958.jpg

ラベンダーソフトクリームとラベンダーラムネです。
ん~…。
おいしかったです(^^;
ローズのジェラード、好きなので
ラベンダーもジェラードにするといいかも、って思いました。
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-13 23:27 | お出かけ | Trackback | Comments(0)
夏バケ北海道というパックで申し込んだんです、今回の旅行。

で、それにはバケーションパスというのが付いていまして。
ランチ&スイーツ・エンジョイ・アクティビティ・ディナーの中から一つ選べまして
私はランチ&スイーツに。

私は最悪使わなくてもいいか、と思っていたんですが
オットが「使えるものは使わなくては損だ!」ということで
c0010831_1732367.jpg

六花亭の本店へ。
えっと、ホテル?!旅館?!ってな外観にビビリましたが中へ。
おいしそう!
お土産の焼き菓子たちも気になりましたが
ショーケースの中の洋菓子、和菓子が…!!!!!
近所にあったら、記念日ごとに買って食べたい。
ううう。

一人800円の買物が出来るので1600円分を購入。
c0010831_1763674.jpg

これはその一つのどんぐりころころ。
六花亭のお菓子は、季節感があっていいですね。
上品だ。
「ホンモノ」のチョコがけイチゴも購入♪
c0010831_1756730.jpg

うふふ。
念願かなって嬉しいです。


1日目の宿は十勝川温泉 第一ホテル 豆陽亭

今回は温泉に入りたくて、宿選びも苦労しました(>_<)
c0010831_17134432.jpg

でもここは現地に行って珍しい温泉だと判明。


世界でも珍しいモール温泉
太古の植物の堆積層をくぐり抜けて湧きだした植物性温泉(モール温泉)には天然の保湿成分がたっぷり含まれています。また、リラクゼーション、疲労回復などにもとても効果的です。

「美人湯」と言われる理由は…
お肌をしっとりなめらかに潤す、やわらかな湯の華。
豊富な天然保湿成分が体を優しく包み、化粧水の役目を果たしてくれるので、すべすべで美しい肌に。
「美人湯」と呼ばれるのは、こんな理由からなのです。


確かにね、樹液のようなちょっと茶色のお湯で
時々葉っぱのかけら見たいのが浮いていましたね。

オットはこのぬめりとするお湯が嫌だったようですが、私はよかったです(^^

ホテルでの食事もかなり充実。
c0010831_17562669.jpg

c0010831_17142991.jpg
c0010831_1715317.jpg
c0010831_17151796.jpg
c0010831_17153282.jpg

c0010831_17161849.jpg

c0010831_17171396.jpg

c0010831_17175893.jpg

蒸し物はこのモール温泉を入れて蒸しているんですって。
へぇ。

煮物、とお品書きに書いてあったから「筑前に見たいのがくるんだろう」と思ったら
コーン仕立ての煮物。
ご飯にあうの~?って思ったら、これが合う!
シチューをご飯にかけて食べる感覚って、コレだ!と思いました。
おいしかったです。
考え改めます。
シチューでご飯はありです。

普通の女性には少々量が多いような気がいたしました。
私は大満足でした(^皿^

翌朝。
c0010831_1721689.jpg

温泉に入りに行くと、目の前で気球が!!!
あああ!ここだったか!
あ~。
乗りたかったなぁ。
バケーションパス、この気球にすればよかったかなぁ…。
などと未練を残しつつ、温泉を堪能。

やや、湯あたりして(^^;疲れて出発。

出かけようとすると「お写真はいかがですか?」と入り口前で止められる。
ああ、コレの前で皆写真とってたんだ!
上から見たらなんだか分からなくて
「なんでこんなのところで撮ってるんだろう?」って思ったんだよね~。
折角なんでお願いして撮ってもらいました。
c0010831_1724377.jpg

ふふ。
しっかり宣伝しておきましたよ♪
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-13 17:25 | お出かけ | Trackback | Comments(2)
お昼の番組TBSの「ピンポン」で生キャラメルが取り上げられていて
井筒監督と宮崎哲弥さんがぱくぱく食べているんですよ。
「普段甘いものなんて食べないんですが、これはおいしい!」
「一粒80円は安いですよ、これは」と大絶賛。
若い女の子がおいしいというものは、まあなんとなく想定の範囲内。
「…だよねぇ~」って感じかな。
でも、おっさんがそこまで絶賛するものってどんなものなのさ。
気になる!

ローソンで限定発売されたらしいけど、それも完売っぽかった。
むむむ。
これはやはり現地までいかねばならんな。

ということで、花畑牧場です。

オットは最初乗り気ではなかったんですが、たまたまいつみても波乱万丈
田中義剛さんがゲストで来ていて、見たらしいんです。
(私は日曜日出勤で見ていません)
旅の予習に丁度良かったようで、行く気になってくれました。
今回のたびはドライブがメイン。
オットが乗り気でないと困るんで、ちょっとほっ。

池田町をでてくる辺りから本格的に降ってきた雨。
ああ、これから牧場に行くのに~。
雨は辛いなぁ。
時々光る雷。
あ~。
傘もないし、生キャラメルを買うだけにするか。
またも畑の中の道を延々ハシリ抜け
c0010831_16344386.jpg

牧場に到着。
むむむむ!
もう行列が出来ている!!!!
さすが人気だ。

お腹をすかせている私たちは、先にこのお店の隣にあるホエー豚丼を食べることに。
c0010831_16362359.jpg

馬の厩舎をそのまま移築したお店。
カウンターに座ったので
c0010831_16373115.jpg

壷に漬けられてるホエー豚たちが焼かれているのを間近に見れました。
c0010831_16382213.jpg

おお!脂が燃えている!
そして出来上がったのが、ホエー豚丼です。
c0010831_16384449.jpg
c0010831_16385359.jpg

ホエー豚はチーズを作るときにでる乳清(ホエー)を飲んで育てた豚のこと。
だそうです。
豚丼は十勝地方の郷土料理らしいですよ。
甘いタレに山椒を振って食べましたが、うまい!!!!
正直、お代わりしたくなりました。
上にのっているねぎも臭みがなくておいしかった。
これはオウチで真似しよう♪

で、お目当ての生キャラメルを買いに行きました。
ファーマーズハウスは入場制限がかかっています。
しかも一人3個までしか買えない!!!
むむむ。
要冷蔵商品なので、自宅と私の勤め先に送ることにしました。
送料が1500円!!!
高い!
でもまあやむを得まい。
ここで食べるようにプリンとキャラメルソフトクリームを購入。
c0010831_16582532.jpg

おいしい!んだけど、濃厚~。
空港で買ったスタバのコーヒーがなければおいしく食べられなかったかも(^^;

普段の行いがいいのか、雨がやんだので牧場内を散策。
c0010831_1647362.jpg

ホエー豚たちです。

c0010831_16472639.jpg

牛さん。
つぶらな瞳が印象的です。

c0010831_16475472.jpg

そしてロシナンテです。
覚えていますか?
そう!
日テレ系バラエティ「雷波少年」でドロンズとともに日本縦断をしたロバ、ロシナンテです。

c0010831_1650576.jpg

きゃー、かわいい!
ミニブタちゃんたちです。
これぞホンモノの、こぶた!

ロシナンテの隣にリャマもいたのですが、
中年男性2名女性3名の観光客にからかわれ、お怒りモード。
怒るとつばを吐く習性があるのですが、それをさせたかった模様。
実際につばをはかれているんですが、それでも懲りずにちょっかいを出す男性。
ちょっと悲しかったです。
でも、その男性に怒って背筋をぴんと伸ばしたリャマは凛々しかったですよ!
[PR]
by kobutadebubu | 2008-09-13 16:53 | お出かけ | Trackback | Comments(2)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu