妊娠中にあまり食事を取らないと…

妊娠中はしっかり食べて(リンク無効)

子どもの肥満は、この30年で2~3倍に増えた。一方、やせ過ぎの20歳代女性の比率は21・4%と、20年前より約7ポイント増えている。

 スリムになる母親世代と、体重オーバーの子どもたち。「やせた女性は低体重児を産みやすく、子どもは肥満になりやすい体質を持つ。子どもが将来、糖尿病や心臓病などになる危険性が高まる」と、東京大大学院助教授で産婦人科医の福岡秀興さんは指摘する。


先日コメントを頂いた方から教えていただいたニュースです。

私はNHKの食育に関する番組でこのことを知りました。

ダイエットでも、あんまり食事をとらない時間が長いと
体が危機感を覚えて摂取した栄養全てを貯蓄しようとしてしまう
イコール脂肪に変えてしまってかえって太ってしまう、と
言われていますよね。

最近の生まれている低体重の赤ちゃんは、
お腹の中で満足に影響を得られなかったために
慢性的に体が危機状態にあり、摂取した栄養を
脂肪に変えて貯蓄してしまって肥満になっている、ということなんだそうです。
生まれてきてもその体質はかわらないとのこと。
生きるために、子孫を残すためにDNAが覚えてきた術ですよね。
以前は肥満は遺伝的な要因や親の食生活が大きく影響しているので
親子してぷっくりというのが多かったのに、
最近は親御さんはほっそりしているのに
お子さんはでっぷりっというのをいたるところで見ますよね。

「どういう食生活させているんだか」って思っていたんですが
もしかしたら普通に食べていても
太りやすい体質になってしまっているために
太ってしまっているかもしれないのです。

今の妊婦さんはお腹以外は本当にスレンダーな人が多くて
ええ?大丈夫?ってこっちが心配になる人が本当に多い。
自分の見かけも大事だけれど、
お腹の子の将来を大きく左右してしまうだけに
妊娠中の食生活は気をつけなくては、と思いました。
…まあ、私の場合、
「体重が増えすぎて困ります」って悩みだと思うんですけれどね(^^;
ううう【>_<】




余談ですが、
そのNHKの番組では成人病の危険がある肥満の男の子達の
ダイエット入院の様子をやっていました。
確かに体質なども影響しているようですけど、
親の躾の問題も大いに関係しているなぁ~って思いました。
親が厳しく叱れないから、病院にお願いするって言うスタンスの親が殆どで。
(6人ぐらいでしたけれど)

他にも飲み物はサイダーしか飲まない子、
野菜を一切食べない子、
朝食を食べさせろって学校に言われたからと
朝食におやつ(のようなもの)を食べさせてくる親。
こんなんでは学校で朝食を食べさせる自治体も出てくるってもんですよ。

かといって、
私は、将来子どもにちゃんと朝食を食べさせてあげられるだろうか?
朝から料理はねぇ…。
やればできるようになるのかなぁ…。



以下、記事内容全文

子どもの肥満は、この30年で2~3倍に増えた。一方、やせ過ぎの20歳代女性の比率は21・4%と、20年前より約7ポイント増えている。

 スリムになる母親世代と、体重オーバーの子どもたち。「やせた女性は低体重児を産みやすく、子どもは肥満になりやすい体質を持つ。子どもが将来、糖尿病や心臓病などになる危険性が高まる」と、東京大大学院助教授で産婦人科医の福岡秀興さんは指摘する。

 英国では、出生時の体重が少ない子どもほど、成人後に心臓病による死亡率が高い、との調査がある。米国の看護師12万人に対する調査でも、未熟児だった人は心臓病に1・3倍なりやすいことがわかった。

 妊婦の「やせ」やダイエットなどで、胎児に栄養不足が続くと、栄養を効率良く使おうとするほか、筋肉の元になる細胞が増えない。すると、出生後に食事で脂肪をためこみやすい体質になる。肥満になり、生活習慣病を起こしやすくなるという。英国の研究者が唱えた「バーカー説」で、世界的に認められつつある。

 だが、若い女性らの間では、赤ちゃんが小さいと出産が楽なことなどから「小さく産んで大きく育てる」という考え方が根強い。

 実際、赤ちゃんの平均出生体重は、この20年余で2%程度少なくなった。東京都のデータでは、妊婦の妊娠中の体重増加も、1993年の11・2キロから、97年には10・7キロに減った。

 厚生労働省は今年2月、妊娠中の体重増加の推奨量を定め、標準体重なら7~12キロ増を目安とした。従来は妊娠中の高血圧などの予防のため、10キロ増を上限とする学会の基準があったが、未熟児は1980年の5・2%から9・4%(2004年)に増えた。このため、基準が緩められた形だ。

 妊婦が標準体形でも、妊娠中に体重増加が少ない場合は注意が必要になる。

 東京都の会社員D子さん(39)は6年前、出産予定日通りに長男を出産した。1920グラムの未熟児だった。

 標準体形のD子さんは、妊娠中も以前と変わらない食事量で、妊娠中の体重増加は10キロほどだった。

 一昨年、第2子を妊娠した際、主治医に「赤ちゃんに栄養が行き渡りにくい体質なので、食事の量を多くし、体重は15キロ増を目標に」と言われた。ご飯の量を1・5倍にするなどで、12キロ増加。昨年6月に生まれた長女は2530グラムだった。

 妊娠中の食生活は、エネルギー量だけでなく野菜、肉、魚など栄養バランスも大切になる。子どもの肥満対策は、妊娠中から考えることが必要だ。(石塚人生)

 (次は「広がる白血病ウイルス」です)

 バーカー説 英サウザンプトン大のデビッド・バーカー教授が提唱。胎児は脳や心臓など重要な器官から先に栄養を消費するため、栄養不足状態が続くと、筋肉などが発達しにくい。出生後、栄養豊富な環境で育つと、筋肉が少ないため脂肪がつきやすくなる。

(2006年7月18日 読売新聞)
[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/4185378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by キッチン at 2006-07-20 22:20 x
お久しぶりです。今日妊婦検診に行ってまいりました。
5ヶ月に入りましたが体重が増えていません。
食べているつもりなのですが、それ以上に動いてしまうせいだと
思います。
NHKの番組、私も拝見しました。切れやすいだけでなく
疲れやすい子供も増えていますね。深刻です。
Commented by kobutadebubu at 2006-07-20 23:37
キッチンさん
まあ、動いているだなんて立派な妊婦さんですね。
私はグータラがぬけそうにありません(^^;
強制的にウォーキングとかしなくちゃですよ。
先日別のTVでも
「お母さん達はもう少し、手をかけて料理をして欲しい。
1日一品は必ず手作りにして欲しい」なんていっていましたね。
冷凍食品の売り上げが伸びて、冷凍庫が大きくなって
レトルト食品もおいしく便利に種類も豊富。
たまに利用するにはいいけれど、朝食、もしくは夕飯ぐらいは
手をかけて料理をする姿を子ども達に見せるのも
必要だといっていました。
Commented by arinko-mama at 2006-07-21 19:50
娘は体重が増えて困っています。野菜をあまり食べないのが原因かもしれません。私も今日ついに設定体重をオーバーしてしまい、
先生にこれ以上太らないように気をつけてね。と言われました。
ちょっと食べ過ぎるとすぐに数値があがります・・・夏ですし、余計なのかしら?気をつけます・・・
Commented by kobutadebubu at 2006-07-21 20:44
arinko-mamaさん
好き嫌いは成長の証といいますが、お母さんにとっては
心配ですよね。
私は好き嫌いが全くないといっていいほど何でも良く食べるので
子どもが好き嫌いをいってもその心境が良く分からないんですよね。
…味覚の発達が不十分か食に対してものすごい関心があるかの
どちらかなんですが(^^;
野菜はどうやったらおいしいって食べてもらえるんでしょうね。
食育のテーマの一つですよね。
一緒に料理をしたら食べた、育てるところからはじめたら野菜嫌いが直ったなんて話を最近聞きますね。

>設定体重をオーバー
あ~、私も確実にそうなりそうですよ。
なんていったって母は私を産むときに20kg増やしましたから(--;
体質も体型も似てるし。
もう少しですから、頑張ってください!!!!
ああ、もうきっと十分頑張ってらっしゃると思うんですが…。
Commented by kobutadebubu at 2012-11-23 08:05
ここ最近の記事別アクセス数一位の記事。
また、ニュースになったりして関心が高いんですかね。

私も6年前は想定していなかった親になりました。
毎朝朝食食べています。
パンですけど(笑
最悪、さつまいもやバナナ、牛乳になりますが(^^;

保育園に行く日は食べてほしいですが、
休みの日は量を強制はしません。
朝食食べずに「おなかすいた~」といったら
朝ごはん食べないからだよ、と教えてます。

適当母さんです。
by kobutadebubu | 2006-07-20 15:03 | こども・保育 | Trackback | Comments(5)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu