その後

エンゼルカレッジの掲示板でその後を見つけました。

「いただきます」に多くの意見 「命」と「食」へ、思い670通

やはり反響が大きいですね。


最近有機野菜を宅配してもらうようになって
なおさら「作り手」を意識するようになりました。
というのも野菜と一緒に、誰が作ったか住所と名前(会社名)が書かれた
一覧表が送られてくるからです。
(農薬の使用状況も書いてあります。)

以前は無駄遣いしていた野菜たちも
最近は「もったいない、もったいない」と皮まで食べています(^^;
(だって安くないんですもの)

住所とお名前をプリントで拝見しているだけなんですが、距離が近くなった気がして。
ありがたい、と思って料理することが多くなりました。
でも自分で作っていたので頂きますはいわなかったですけど(^^;
これからは言っていこうと思います♪
[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/3502113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ri at 2006-02-09 13:21 x
ほんとに反響が大きいですね。
そのほとんどが、最初にあがった母親の考え方と行動に「びっくりした」んだろうなっと思います。
当たり前だと思っている事が、当たり前に通じないひとがいる。
そういう人に、事柄に出会うことで、自分がどうあるべきか見直すこと、そして
強制することよりも、自分でそうすることの意義を見出すことが大事なんだ思います。
きっと、各学校、家庭でさまざまに話がされている事でしょう。

リンクの記事にご飯の歌が載ってましたね。
歌いました。私達の時代は。
やはり、修学旅行や一泊移住のときでしたかね。
普段の給食では、日直が「手を合わせてください」「いたーだきます!」ってやってましたね。
コレは私がいやしんぼだからでしょうが、配膳されてから、「いただきます」までの間、ちょっぴりどきどきしたものです(笑)
好きなものからいくか、三角食べをするべきか(笑)
メニューによっちゃ、三角食べはきついですから(^^ゞ

今はどうしているのかよく知らないので、今度聞いてみようと思いますが、
せっかくの、みんなでの食事ですからやはり、楽しい時間であってほしいですよね。


Commented by ri at 2006-02-09 13:22 x
前の項にありました、大人になったら食べられるようになるもの、って結構ありますよね。

粕汁なんかがその代表でした。別に食べられないほどキライなものはなかった私ですが、嬉しいメニューでもなかった粕汁。

あったまるし根菜いっぱい入れられるし、今は大好きですが、娘はやはり喜びません。

おこちゃまですから(笑)

コレが夕食のメニューだと分かると、本人ちょっと嫌な顔しながら
「味噌多めでお願いします」と言ってきます。
それでいいと、私は思ってます(^^)
Commented by kobutadebubu at 2006-02-09 13:33
riさん
>自分がどうあるべきか見直すこと
そうですね、意見や考え方が違う人と出会うことによって今までの自分だったり、環境だったり習慣だったりを見直せるいい機会なんだと思います。

>ご飯の歌
歌わなかったですね~。いや、私が忘れているだけかもしれませんが。
私も食いしん坊だったので「いただきます」を言うまでの時間が長く感じました!
だって早く食べないとおかわりがなくなっちゃう!
6年生までクラスで一番に食べ終わって(5分)お代わりにいっていました。

>粕汁
あ~、私も苦手かなぁ。
といってもここ数年食べてない気がするので、今食べたらおいしいと思うかもしれません。
以前は苦手だった西京漬けや粕漬けもおいしいと思えてきているので
体が欲するものが変わってきているのかもしれませんし。

以前は生魚がまったくだめだった知人が20歳過ぎたらおすしがおいしいと
思えてきたといっていましたので
歳とともに体が必要な食べ物を欲して、それを食べるとおいしい♪
と思えるようになってくるんだなぁ~と思いました。
Commented by kako at 2006-02-10 12:24 x
びっくりしました。
いろいろな考え方の人がいるのは当たり前ですが、この人はちょっと…。
意見を寄せたたくさんの人たちが、感謝の気持ちを表すのは当たり前、と考えているとのことでほっとしました。

うちは食に関してはかなり厳しく教えています。
不自由ないのが当たり前と思ってしまう子にはなってほしくないですし、マナーなどは自然に身に付いていないと、大きくなってから苦労しますよね。
よほどのことがないと、食事を残すのもダメ。
子供って大事なことでもすぐ忘れちゃうし、何が大切かなんてまだよく分かっていないから、繰り返し教えています。
親の義務だと思います。

私も外食をしたときには、お皿を下げていただくときやお店を出るときに、必ず「ごちそうさまでした」と言います。
学生時代、喫茶店や割烹でバイトをしていて、「ごちそうさま」と言ってくれるお客さんを見て自分もそうするようになりました。
そして、自分の作った食事にも思いっきり「いただきます!」「ごちそうさまでした!」を言いま~す(1人で食べるときも)。
Commented by kobutadebubu at 2006-02-10 14:45
kakoさん
本当に「びっくり」ですよね。
なんでそんなこと言い出したのか、その母親の生育環境とかを
知りたくなってしまうヤジウマです。
>マナー
しっかり教えて差し上げてください。
小さいころは同じことで何度も注意をされて「うるさいなぁっ」と思ったものですが
今となっては感謝しています。
お箸の持ち方や(私はちょっと亜流ですが)
食事中にくちゃくちゃ音をさせないで食べるとか…。
夫が付き合い始めた当初、くちゃくちゃさせていたので
「やめたほうが良いよ」と注意したところ
「お前にあれを注意してもらったのだけは感謝している」といまだにいいます。
(え~?それだけ~?)

>喫茶店や割烹でバイト
やはりご自分が食事を出したほうの経験がある方は思いが格別でしょうね。
もし、子どもが生まれたら一度は接客業のバイトをさせるべきだと
思っている今日この頃です。
自分で作った一人ポンチのランチでは「いただきます」も「ご馳走様」もいえていません。反省。
Commented by kako at 2006-02-10 22:20 x
>今となっては感謝しています。
私のマナーは決してほめたものではありませんが、やっぱり厳しく言ってくれた親には感謝しています。
昭和1ケタの教えを、子供にもしっかり伝えていかなければと思っています。

>「やめたほうが良いよ」と注意したところ
注意したこぶたさんも、いまだに感謝しているだんな様もえらいと思います。
こういうのって、難しいですものね。
男性であろうが女性であろうが、どんなに素敵な人でも、「あ、この人ってそうなんだ…」とがっかりして、以後そういう目で見てしまいます。
忠告しないで、心の中で思っているって、もしかしていちばん意地悪?
こぶたさんは、一生のお付き合いだと思ったから言えたのでしょうね。

>自分で作った一人ポンチのランチでは「いただきます」も「ご馳走様」もいえていません。
だいじょーぶ! パソコンで写真を見ながら私が言っています♪
私は腕があまりに未熟なので、「作った自分をねぎらう」のはほんのちょびっとで、食材とそのさまざまなバックグラウンドに感謝。
こぶたさんは見事な腕前なのだから、胸を張ってご自分に言うべきですよ!
Commented by kobutadebubu at 2006-02-11 21:11
kakoさん
>こういうのって、難しい
そうなんです。
普通は言わないんですが、やはり付き合っている人には
直して欲しいと思ったので、言ってしまいました。

>胸を張ってご自分に言うべきですよ
これから、そうすることにいたします!
二人での食事の時には、かなり大きな声で言うようになりました。
(^^;
>いただきます
by kobutadebubu | 2006-02-09 10:11 | 感じたこと | Trackback | Comments(7)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu