年齢より3割幼いと思ってね

上記のお話。

今、支援級の担任をしている私の心の拠り所です。

7歳、8歳になるけど、
実際の精神年齢は4歳、5歳。

5歳の幼稚園児が、
自分以外小学生という教室で過ごす
怖さ、不安さ、ついていけない感じ。
そりゃそうだよね。
厳しいよね!


身体はしっかりしていて、
体重もうちの息子の1.5倍ぐらいあるし、
身長もクラスで大きいほうだけど、
心は5歳。


担任が変わって、不安に思ってるこの子に
なんとか「私は怖くないよ」と伝えたくて
抱っこやおんぶでスキンシップを図っています。
支援級から教室までの移動の階段だけ、おんぶとか、いつもと違う行動の時はおんぶ、とか。
(体幹が弱く、疲れやすいので、とにかく動くのを面倒臭がり、すぐに横になろうとする)



「それはちょっと違う」と言われるかもしれない。

でも、幼稚園や保育園では、やはり不安や泣いていまう子には、抱っこしてトントンして、大丈夫だよを伝えるから。

昨日もその子をおんぶして、校舎の一階から3階まで、階段の昇り降り。
ウエイトトレーニングだと思って、頑張りました!
階段を下りる時に気を使いました。

途中見かけた先生がたに「無理しないで!腰を悪くするわよ」とお声がけいただきながら。
腰には細心の注意を払って。
(おんぶしている間は、できるだけお尻の穴に力を入れて
 インナーマッスルに力を入れて腰を中から支えるようにしてみてます。)


でも、そうして「その子の心が落ち着いた状態で」

できるだけクラスの子ども達との「一緒の時間」を過ごすことが、

「学校」で出来る事だと思うから。


いずれは、抱っこもおんぶもなくても
私は怖い人ではないし、
クラスのみんなも怖くはない。
やってることはちょっと分からないけど、
ここにいるのも悪くないな、
と思ってもらえたら、最高です。



その為に、帰ってきてから
腰のストレッチは欠かせません(^^;

このストレッチやってから、ぴきっとなりそうな腰も
翌日には回復しています。

腰痛の方におすすめですよ(^^



[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/26658240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2017-05-13 23:25 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu