子ども達の未来のために

西川純先生の講演を聴いてきました。

アクティブラーニング、『学び合い』でご存知の方も多いと思います。

昨年の秋、産休代替として臨時任用された今の小学校で、『学び合い』を実践されてる先生がいらして知りました。

その実践されてる先生から薦められた西川先生の本を3冊一気読みして、
担当している少人数での5.6年生算数で『学び合い』を出来る限りやってます。

今回の講演では、実際の授業の動画を、西川先生の解説つきで公開。
私自身の授業で「セオリー通り」の事が出来てるようだと確認できるとともに、どうしてその声かけ、褒める事が必要なのかを子どもたちの様子とともに西川先生の解説があり、腑に落ちました。

でも、大事なのはこの後。
その動画の後が、西川先生の伝えたかった事でした。

『学び合い』はなんのために、どうしてやる必要があるのか。

それは「子供たちの幸せの為」

講演前に期せずして購入して読んでいた
c0010831_22314684.jpg


「新任1年目を生き抜く 教師のサバイバル術、教えます」
「親なら知っておきたい 学歴の経済学」
これらの本の内容を話されてしました。

読んだだけでは分からなかった、
西川先生の「見捨ててしまった経験」からくる思いが伝わり、終わり五分はハンカチを手に涙ぐんでしまいました。


私は今の小学校は臨時任用で、3/29で任期満了。
延長はしないと通告されました。
その後、他の市の教育委員会にも登録し、
5月から働けそうですが、それもまた産休代替。

どこまで『学び合い』を実践できるか分かりませんが、「子ども達の未来の幸せの為に」できる限りやっていこうと決めました。

今やっているのは、西川先生には見せられないようななんちゃって『学び合い』。
中途半端ならやらないほうがいいのかもしれませんが、それもまた経験だと思って(^^;
「私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。」
こちらを読んでセオリー通りにできるよう、
経験を重ねていこうと思います。

終了報告をするために学校に電話したら
校長先生が電話を取って下さいまして。
「出張許可して下さってありがとうございました」とお礼を言えました。
「臨任の私なんかが、行けるわけないよな」なんて最初は思ったのですが、どうしてもお会いしたかったので、勇気を振り絞った甲斐がありました。(私的には)

西川先生の力説を聴けた事に感謝です。

将来、『学び合い』実践してます、今度学校全体で取り組む事になりました、なんて報告ができたらいいな、と妄想中です。
[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/26469365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2017-03-02 22:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu