3桁で?4桁で?え?どっち?

さとうみつろうさんの今朝のブログで
GHQによる「3ケタ」の罠
ってのがありましてね。

小学校の算数で、大きな数を数えるときに
4桁ごとに点を打っているけど、
一般常識では3桁ごとじゃないか!

って話です。

うちの父もこれにがっつりくらえついて、担任の先生に申し出てました。

確かにね、4桁で点を打っていたように思います。
でも、3桁で打つようには習ってないような…。
気になったので、調べてみました。

検索すると同じように思ったり、子供からの質問でぶつかったりする人の多いこと(笑
3桁ごとに打つ理由は、


日本語で考えると、0 が4つごとに桁が万、億、兆と繰り上がるので、4桁のほうがいいような気がするんですよね。
英語で言う時には、0が3つごとに桁がサウザンド、ミリオン、ビリオンと繰り上がります。
1,000 one-thousand 千が1こ
10,000 ten thousand 千が10こ
100,000 one hundred thousand 千が100こ
1,000,000 one million 百万が1こ
10,000,000 ten million 百万が10こ
100,000,000 one hundred million 百万が100こ
1,000,000,000 one billion 十億が1こ

読む時は日本語で読むのですが、数字の表記は英語の考え方なので、日本人としては混乱してわかりにくいですよね。

引用元 なんで3桁ごとにカンマが入るのですか?

これを千進法といいます。

へぇ~!

小学校で大きな数を勉強するときの注意点として、以下の点が挙げられています。


小数点は,日本ではピリオド(.)を用いる。
小数点をかく場合,コンマ(,)は3桁ごとの位取りに用いるため,

コンマは使わないように注意する。

引用元 3年~4年 【 小数・分数のかき方の指導】

こんな注意点があったんですね!

これは小数点の指導ですが、大きな数でも同じように指導されると考えられます。
(探せなかったけど…)


で、一般常識では3桁なのに、なぜ算数では4桁ごとなのか。



なぜならば、日本語は元々4桁ごとに区切られる1万進法を取っているからです。

一、十、百、千のあとは、4桁ごとに単位が用意されています。


仮に4桁ごとに数字を区切ると、
1,0000=1万
1,0000,0000=1億
1,0000,0000,0000=1兆

どうです?分かりやすくないですか?


引用元 大きい数字を読むコツ ~3桁区切りは日本語に馴染まない~

大人でも読むのが大変です。

先生方は、教えるときにこんな努力もしています。

絶対4つ区切りにカンマをつける

万・億・兆・京・・・と、日本の位は4つ区切りに進んでいます。にもかかわらず、一般的に数字が表記される場合には英語圏の3つ区切りになっています。例えば5,863,548,752というようにこれでは日本読みができないので、「大きな数」の単元では、強引に4つ区切りにカンマを打たせます。


引用元 難関「大きな数」は4つ区切りを徹底して

この問題が発生する「大きな数」は小学校4年生で習います。
この単元の目標は、(抜粋)


・十進位取り記数法の有用性に気づき、大きな数の表し方にいかそうとする。

・千兆までの数を読んだり、表したりできる。位取りに着目して、整数の10倍、100倍の数、10でわった数をつくることができる。

・億や兆の単位を知り、整数の命数法、記数法がわかる。
位取りに着目して、整数の10倍、100倍の数、10でわった数をつくり方がわかる。

・どんな大きさの整数でも0~9の10個の数字を使って、十進位取り記数法によって表されていることがわかる。


引用元 4年生算数 単元指導計画「①大きな数」(全7時間)

この十進位取り記数法とは、

10ずつまとまるごとに,1つ上の位に上げていく数の表し方を十進法といいます。また,数字を並べてかいたとき,その位置によって大きさを表すきまりのことを位取りの原理といいます。
十進法と位取りの原理によって,0から9の10個の数字を使って数を表す方法のことを十進位取り記数法といいます。



引用元 十進位取り記数法

これ当たり前に使ってるけど、実はとっても便利だということも習います。
c0010831_12274445.png
他の記数法を学ぶといかに有用が分かります。
引用元 「十進位取り記数法」の指導(はなまるサポート)

一昨年の初等算数科のスクーリングで全く同じことやったよね(笑
あー、資料、取っておけばよかったな…。


少し脇道にそれましたが、要は
小学校4年生が、十進位取り記数法を理解して、読めて、書けるようになる
には、
やはり4桁ごとに点を打って行った方が「億、兆」が理解しやすいのです。

こちらに書かれていますが(3桁ごと?4桁ごと?コンマのつける位置

中学で英語を習ってからならmillionとかbillionとかを紹介してこういう千進法の言い方が米語の体系にはあるので(英語は実は千進法ではなく百万進法ですし、他の国でも必ずしも10進とばかりはいえない数体系が多いのですが)それにあわせて3桁区切りなんだよ、っていう理由が言えるのですが、小学校ではやはり万進法の数の名前は重要ですね。
妥協案としては小学校では区切りのコンマは教えない
実は中学以降の数学の本にはこういうコンマで区切る数はありません。むしろ商業とかの実用、つまりアメリカとの関係を含む実用の体系で数学にはない表現です。理科でも使いませんね)、中学で「こういう書き方もあるよ、と言う形で3桁区切りを紹介、その日本的変形として(4桁区切りのアラビア数字というのは結局そういうものです)4桁も昔は使ったよ、とエピソード的に教える、というのが妥当ではないかと思います。


私、3桁で習ったことないな、と思ったら
中学以降はでてこないんですよね、そんなに大きな数。
もしかしたら社会科で資料を読む際にでかい数字はでてきそうですが、
(国家予算、人口などなど)

バイトを始めてから、3桁コンマに悩まされたように思います(^^;

ちなみに、混乱をきたさない程度に4年生の段階で
一般的には3桁でコンマを打つことも紹介して多くのもありのようです。
(そのような指導計画もありました)

あー、すっきりした。
面白かった、私が(笑

きっと忘れちゃうので(^^;
記録として残したくて、書きましたよ♪








[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/25795577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2016-07-16 12:41 | 小学校 | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu