箱根神社→彫刻の森美術館

先週になっちゃいますが、
行ってきました、箱根。
{811E5369-B8A5-4A45-8E3A-1F95BA6BEF62:01}
ハルトモが「彫刻の森美術館に行きたい(遊びたい)」といい、
オットとは休みがなかなか合わないので
私と二人で行こうと目論んだのです。

んが、
「遊び疲れたハルトモを時間通りに帰ってこさせるのも、
 コントロールするのも難しいだろう?」と
オットが気を利かせてくれて、
三人で車で出かける日に行こうと提案してくれました。
{9E680715-0E05-4D03-AFA2-0336E8363DA8:01}
生憎の曇り空でしたが、さすがの平日。
さほど混んでおらず、ゆっくり参拝できました。

最近はハルトモも
「しゃしんとりたい!」というようになり、
iPhone渡して撮らせたりしてます。
私も幼いとき、父に一眼レフのカメラを渡されて
母と父のツーショットを撮ったとき、
ちょっとうれしかったもんね。


芦ノ湖畔の箱根神社から、彫刻の森美術館までの道中。
もう、まさに雲の中です。
まったく前が見えません。
煙幕ですよ、煙幕。
怖かったー!
でも、地上ではなかなか遭遇できないので
怖いながらも ドキドキワクワク しちゃいました(^^

10時過ぎに彫刻の森美術館に到着。
平日とあって、空いてますが、
遠足、修学旅行の子供たちに遭遇。
高崎ナンバーのバスなので、おそらく修学旅行でしょうかね。
{2BA65BF7-0785-482D-8233-9BCFFFC030B8:01}
自分が作品みたいになれる地下トンネル。
{6D8EB94B-C670-4E7B-8C96-EB3CBCD1E7D9:01}
初めて鯉に餌をやれて、ご満悦のハルトモ。
これがね、面白くてね。
大人も楽しんじゃいました。
朝早くでないとできないようです。
(一日に挙げるえさの量が決まっていて、それが終わると終了)

楽しみにしていたしゃぼんだまの城は前日の雨と湿気で濡れているので
危険回避。

ネットの森へ。
{3CDAC0AB-80D7-4E1C-B7F0-14A7C51B7358:01}
大人が入れないので、ホントつまらない。
私も仲間に入れてー!
子供たちはキャーキャー言って遊んでます。
外国人の家族もいて、その中の女の子が
「Mom! So,Funny!」って言ってた、たぶん。
年齢も性別も関係なく楽しいみたい。
だよね、あたしも行きたいもん。
メルモちゃんのキャンデーほしい。

{390A007F-9752-4759-8FBC-0735A2BB8F44:01}
ネットの森に行く前に、
朝作ってきたおにぎりを食べてエネルギーチャージしてるけど、
お昼ごはん。
外はだんだん晴れてきました。
{E48D7B27-340D-4C93-AD23-E473379BB32A:01}
11月に行こうと決めていたけれど、
紅葉を狙っていなかったので、来てみてびっくり。
山々の紅葉の美しいこと。


{7BB13F24-966F-422A-8CB4-2737F985C293:01}
足湯も欠かせません。
でもね、保育園の遠足組が入っていてね、
もう見てられないんですよ。
どんなに裾をまくっても、ぬれちゃってるボトム(^^;
先生の注意する声。
落ち着かないので、先に出ちゃった♪
修学旅行の教頭先生が先に足湯に入ってて、
その脇に子供たちが「せんせー」って入ってきたのが面白かった。
慕われてるんですねー。

帰り際に寄った、しゃぼんだまの城。
晴れてきたので、すっかり乾いてました。
14時前だったので、小さな子供もほとんどいなくて
貸し切り状態!

ここも大人が入れないので、
子供が遊んでないと、中がどうなっているのか
なかなか伝わりにくいので、
ハルトモが遊んでいるのを見て、
ああ、こういう作品なのね、と理解されていたようです(^^
一役買った?!

外国人の老婦人と、上からの観光客のおばさまたちに
写真を撮られて
「かわいいわねー」って声かけられた
ハルトモでした。
{E1B1EA0F-1833-43A4-8289-439FE15D4EFD:01}

{12E19C3F-79B7-4247-80FF-853E931A12B6:01}
帰りの車で寝ればいいのに、
一切寝ないから、夕飯時にはモーグズグズでね。
親もぐずぐずですよ(^^;

夕飯前にひともんちゃくあったけど、
総じていい休日でした。

また行こう♪
次こそ、九頭竜神社に行きたいなー。

[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/23068553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2014-11-18 14:47 | お出かけ | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu