研ぐ

c0010831_12511819.jpg

研ぎ石です。

うちの亡くなった父は、定期的に家中の刃物を研いでくれた。
包丁、私たち姉妹の鉛筆を削る小刀。

鉛筆削りは買ってもらえなかった。
電気で削る鉛筆削りがうらやましかったけど、
今は感謝している。
小学校に上がるまでは、父が色鉛筆を削ってくれた。
自分でも早く削れるようになりたかった。
小学校に上がると、私たちに小刀をくれた。
なんど流血しただろう(^_^;
削れなくなると、研いでくれた。
研ぐとまったく切れ味が違う!
不思議だった。


この研ぎ石は、私が一人暮らしを始めた時に買ったもの。
包丁と一緒に買った。


昨日、初めてはさみを研いでみた。
小学校から使っている布切ばさみが、途中で引っかかって使いにくい。
研げば何とかなるんじゃないか?と
思い立ったら吉日。
一晩水に浸した研ぎ石で研ぐ。
勝手がわからないので、適当(笑)
動きはスムースになった!
少しは使いやすくなっただろう。

ついでに、包丁も。
これで暫くはトマトもつぶさずに切れる。

全部終わってからオットが
「なんだ、終わっちゃったの?俺、研ぎたかったのに」
だって。
なんだ、それ。
もっと早くに言ってくれ。
[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/1796207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2005-05-16 13:06 | 感じたこと | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu