親切

中々寝付かない息子をとんとんゆらゆら寝かしつけていると

「ぴんぽーん」

「?宅急便か?」と出てみると作業服を着た男性が

「いま現場に行く途中なんだけど、お宅の雨どいが外れてるの見てね、
 つけてあげましょうか?」

確かにウチの雨どいは、2階の部分から外れてしまっていて
雨が降ると結構うるさい。
でもなぁ。
怖いなぁ。
なんかあとでしつこい勧誘とかされたらどうしよう。

「あの、お金とか…」
なんて無粋なことを言ったら


「ああ、いいですよ。僕でお役に立てれば。
 あ、いきなり失礼しました、こういうものです。」って
 名刺も下さいました。

はしごを車から持ってきて、ちょちょっとはめて、

「何かあったら声掛けて下さいね」

そういって去って行きました。

いま住んでいる「離れ」は、もともと子供部屋として建てた
1階建ての家に、17年前に2階やらキッチンやらを増築したもの。
もともとの1階部分は築40年を超えていて、改築部分も築17年。
もう「立て直しませんか?リフォームしませんか?」の
声がかかって仕方がないんです(^^;
突っ込みどころ満載なんでしょうね。

なんで警戒していたんですが、それが申し訳ないぐらい
いい人たちで、
天気も良く、気分も良くなった午前中でした。
[PR]
トラックバックURL : http://kobutadebu.exblog.jp/tb/12440259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kobutadebubu | 2009-09-25 12:53 | 感じたこと | Trackback | Comments(0)

40代主婦のつぶやき


by kobutadebubu